中文网站韓国語英語

AGEsセンサ(最終糖化産物測定機)

AGEs

CONSULTATION AGEs(エージーイー)とは

AGEs(エージーイー)とは、食事などで過剰に摂取した糖とヒトのカラダを主に構成しているタンパク質が結びつくことで体内に生成される老化物質の一つで、最終糖化産物(Advanced Glycation Endproducts)と呼ばれています。加齢によっても生成されるもので、誰の体の中にも存在します。

AGEs

CONSULTATION コラーゲン(タンパク質)などの機能維持を阻害するAGEs

AGEsが増えると、私たちのカラダにさまざまな悪影響を及ぼします。
ヒトの老化現象や健康に関わる物質として、近年研究が進んでいます。
肌・骨・血管などは、主に「コラーゲン」というタンパク質からできています。
これが糖と結びついて糖化が進むと、本来の働きができなくなり、肌のシワやたるみ、骨や血管の強さを保つ働きを邪魔してしまうと言われています。

CONSULTATION 糖化がすすむと

AGEs

CONSULTATION AGEs蓄積の仕組み

コラーゲンは本来、ばねのような柔らかい結びつきによって弾力性を保っています。しかし、AGEsの蓄積が進むと、コラーゲン繊維が結ばれ固くもろくなり、弾力性が低下。
その結果、カラダの機能に様々な変化を及ぼしてしまいます。

AGEs

CONSULTATION あなたはどちら?

バランスの良い食事をとり、適度な運動を行い、適切な生活習慣で健康的な生活を送っている人は、加齢にともなうAGEsの蓄積はそれほど多くはありません。

AGEs

不適切な食生活や生活習慣、運動不足で代謝も低下し、AGEsの体内での蓄積は増加します。

AGEs

AGEsは生体内における「生活習慣のバイオマーカー」とされ、AGEsスコアは、みなさんの「生活習慣の成績表」といえます。

CONSULTATION AGEsを減らすにはどうすれば?

AGEsAGEsの蓄積レベルは、適度な運動やバランスの良い食生活といった生活習慣の改善や、AGEsのケアに適した食品の摂取などにより低減させることができます。

・ウォーキング程度の運動習慣を身につけましょう。

・糖質を摂る前に、できる限り「野菜、海藻」を食べましょう。

・糖質の過剰な摂取に気を付けましょう。

院内にて、AGEsの勉強会を行い、「糖化」について学びました。

  • AGEs
  • AGEs
  • AGEs
  • AGEs
  • AGEs
  • AGEs

AGEsの蓄積は、美容に大きく関わります。
当院では、健康的な「美」を呼びかけ、内側からの美容をお手伝い致します。

AGEs

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科