中文网站韓国語英語

第105回日本美容外科学会

REPORT 城本クリニックの医師が発表を行いました

2017年5月16,17日、ANAインターコンチネンタル東京にて開催された、第105回日本美容外科学会において、当院の医師が下記の演題について発表しました。

鼻尖・鼻翼・鼻中隔

修正症例を含む鼻の手術の検討 (田中真輔 医師)
Clinical case study of nasal operation (including re-operation cases)
Shinsuke TANAKA

斜鼻変形に対する整容・機能改善を両立・最大限化する鼻中隔外鼻形成術アルゴリズムの検討 (渡辺頼勝 医師)
Treatment algorithm for septorhinoplasty to optimize aesthetic and functional improvement of crooked nose
Yorikatsu WATANABE

豊胸

特殊フィルターを持つバッグとb-FGF(b-Fibroblast Growth Factor)を使用した脂肪注入による豊胸術の検討 第2報 (田中真輔 医師)
Breast Augmentation Using Fat Grafting
Shinsuke TANAKA

眼瞼

当院で行っている切開式重瞼術 反転眼窩隔膜弁の利用 (田中哲一郎 医師)
Double eyelid incisional blepharoplasty in our clinic. Use of turnover orbital septal flap.
Tetsuichiro TANAKA

一般演題

美容外科における麻酔 ~良い手術は良い麻酔から~ (大藪顕 医師)
Anaesthesia in Aesthetic Surgery - The Better Anaesthesia Practice, the Better Surgical Practice -
Ken OYABU

長掌筋腱を用いた前頭筋吊り上げ術 (中川剛 医師)
Frontalis suspension surgerry with palmaris longus tendon
Go NAKAGAWA

美容医療の未来を考えるためにも”信頼される医療”を提唱したい

学会間の垣根を越えた”新たな試み”こそが大きな特徴だと言えます

第105回となる2017年度の『日本美容外科学会』。
ここ数年、厚生労働省や消費者庁等の各方面から注視されることの多い美容医療だからこそ、厚生労働省の方にご登壇いただき、規制が強くなったホームページやインフォームドコンセントについて、ますます慎重な対応が必要であることをお話しいただこうと思っております。
消費者や患者様の立場から厳しい内容のお話にしたいとも考えています。

さらに新たな専門医制度の取り組みが始まっている現在、学会同士の協調が重要となります。
若い世代の医師たちのように、大学病院の医師が開業医のもとで研修を行うなど、いまは、開業医と大学病院の医師の垣根がほとんどなくなっています。
これがより一般的な形となり、将来は一層進んで行くのだと思います。

『第60回日本形成外科学会総会・学術集会』の細川亙会長に当学会での講演をお願いしています。
この学会間の垣根を越えるという新たな試みが、『第105回日本美容外科学会』の大きな特徴であると言えます。

それから、もう一つの特徴として普段見ることの少ない修正手術にも目を向け、シンポジウムでディスカッションしていただこうと計画しております。

学会に参加いただくことで治療や機器選びについてベストな選択が行えます

最近の医療は分野を問わず再生医療が注目されています。
美容医療においても同様で、その分野についての現状と将来性について、すでにそれらの治療を行っている医師の皆さんにお集まりいただき、ディスカッションしてもらう予定です。

また、美容機器を用いてノンサージカルで、どこまで痩せられるか、どんな痩身や美容効果があるのか、さらにエイジングケアの面では本当はどうなのかを、業者やメーカー目線ではなく検証して”ガチンコ”なお話をと、各先生にお願いしています。

数年前から流行して、患者様の人気が高い施術や治療法が、いま淘汰され完成を迎える頃となっています。
そこで、これから始めたいと考えていらっしゃる医師の皆様には、こういった内容の発表を見聞きすることで、「どの機器を選べば失敗しないのか」「どんな手技が正しいのか」「糸リフトやフィラーは何を選べば良いのか」と言った疑問にお応えできるはずです。
ご自分で悩まずに先人のお話から、ベストな選択が、学会に参加いただくことで可能になります。
また、今回は動画を多用していただきながら、わかりやすく、見て学んでいただける学会であることも重視いたしました。

美容医療がますます発展を遂げて、明るい未来を描くためにも、過度な広告に走らず、学術的にエビデンスのある施術や治療効果を患者様に正しく伝えること。 この”信頼される医療”を行うことの大切さに気づいていただける学会であればと考えています。

第105回日本美容外科学会 会長
城本クリニック 総院長
森上 和樹

PROFILE 森上和樹プロフィール

経 歴
  • 1978/04:富山医科薬科大学医学部医学科入学
  • 1984/03:富山医科薬科大学医学部医学科卒業
  • 1984/06:大阪市立大学医学部付属病院研修医
  • 1986/04:大阪市立大学大学院医学研究科外科系外科学専攻
  • 1990/03:大阪市立大学大学院医学研究科外科系外科学修了
  • 1990/04:田辺中央病院医長
  • 1991/04:城本クリニック
その他
  • 医学博士
  • 日本美容外科学会専門医
  • ボトックスビスタ施注資格取得
  • ジュビダームビスタ施注資格取得

NEWS 次期会長委嘱式(2016年5月17日)

2016年5月17,18日、ANAインターコンチネンタル東京にて開催された、第104回日本美容外科学会において、当院の森上和樹総院長が、来年開催の「第105回日本美容外科学会」会長に委嘱されました。

日本美容外科学会(JSAS)は1966年に設立され、それ以降、美容外科における様々な研究や普及に貢献してまいりました。
昨今では、美容外科はもとより、美容皮膚科、美容内科など従来の診療科目の垣根を越えて、美容医療という領域に発展しております。

次期会長委嘱式
次期会長委嘱式の様子
左:日本美容外科学会理事長 梅澤文彦先生  右:城本クリニック総院長 森上和樹

LINK 関連リンク

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科

SHIROMOTO’s POINT

SEO用テキスト全ページユニークで

SEO用テキスト全ページユニークな原稿にする必要がございます。必要ないページは削除で。城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで。