城本诊所国际版韓国語英語

医療ピアス(耳・ボディ)

医療ピアス(耳・ボディ)

ピアスピアスピアスの穴あけは、ピアッサーと呼ばれる専用の機械で行います。
日本でのピアスの穴あけ行為は医療行為と規定されており、ピアスの販売店や専門外のスタッフによる施術は、感染症などを引き起こすトラブルの他、細菌による化膿などの危険が伴うため、衛生管理が徹底された医療機関で行うことが大切です。

CONSULTATION 医療機関でのピアス開けのメリット

ファーストピアス城本クリニックでは、医療用に減菌されたファーストピアスを使っているため、感染症のリスクを大幅に低下させることができます。また、金属アレルギーを起こしにくい素材(チタンまたは医療用ステンレス)を素材とするファーストピアスを使います。

ピアスを開けた後のケアによっては、感染などのトラブルが生じることもありますが、医療機関ならではの適切な処置が可能です。

ピアスホールが形成されるまで

ファーストピアスを入れた後、すぐにピアスホール(穴)が形成されるわけではありません。まず、ピアッサーやピアスガンを用いて耳たぶに穴を開ける専用のファーストピアスを貫通させます。処置前に耳たぶの消毒を行い、細菌感染を生じさせないようにすることが大切です。

しばらくすると、ピアスホールの周りが皮膚で覆われた状態(上皮化)になり、ピアスホールが完成します。ピアスホールが完成する前にファーストピアスを外してしまうと、ピアスを入れる際に傷を付けてしまう等のトラブルが起こりやすくなります。

治療の流れ

治療の流れ

  • ご希望の位置にマーキングをします
  • 消毒後穴あけ
  • 帰宅(通院はありません)

ピアッシングは数分で終了します。
麻酔は使いませんが、治療後の腫れもほとんどありません。

治療後について

ピアスの穴が安定するまでは1ヶ月ほどかかります。
それまでは、ファーストピアスを付けたままにして下さい。
また、他のピアスに取り替えないで下さい。

CONSULTATION ボディーピアス(へそピアス)

ボディーピアス(へそピアス)の穴あけ、その他、へそ形成も行っております。
でべそ、大きさや形を修正することも可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

CONSULTATION ピアスで切れた耳たぶの修正

ピアスに何らかの力が加わり、耳たぶが切れてしまった外傷を耳垂裂といいます。
この切れてしまった耳たぶを修正することが可能です。

手術は、切れた部分の皮膚を切除し、耳たぶを縫合します。
耳垂裂などのピアスのトラブルでお困りの方も、お気軽にご相談ください。

症例写真

症例写真

考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

CONSULTATION 感染症などのリスク

感染症などのリスクご自身で安全ピン等を使って穴あけをすると、ピアッシングの方向が定まらず、斜めに穴が開いてしまったり、不十分な自己処理によって炎症や感染症を起こすトラブルの原因になるので、注意が必要です。

また、購入してきたピアッサーで他人に穴あけをしてもらうケースが見られますが、ピアスの穴あけは医療行為のため、医師の管理下で行わなければ違法行為に問われてしまいますので、こちらも注意してください。

形成外科専門医

納得いくまでじっくりご相談ください

安全ピンなどを使用して、ピアスの穴あけをされる方もいますが、炎症を起こしたり、感染症等を引き起こす原因となりますので非常に危険です。自己処置でのトラブルも増えていますので医療機関での処置がお勧めです。

城本クリニックには、経験豊富な日本形成外科学会専門医/日本美容外科学会専門医/医学博士が多数在籍しております。

SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など

手術をすることで腫れが発生します。

内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科