中文网站韓国語英語

はじめに

老けてきた…と感じても年齢のせいとあきらめていませんか?
老けて見える要因、あなたはいくつあてはまりますか?

  • 頬がたるんできた
  • 口角が下がってきた
  • フェイスラインがぼやけてきた
  • 法令線(鼻の横のしわ)が目立つようになってきた
  • 毛穴が開いてきた
  • 肌のキメが粗くなってきた
  • 首元がたるんできた
  • ボディラインが気になる

CONSULTATION サーマクールが呼び出すのは
あなた本来の、あの頃の美しさです。

はじめにメスを使わず肌のたるみをひきしめる治療器・サーマクールが、さらに進化して登場。

頬やあごなどのフェイスラインだけでなく、気になる二の腕やヒップ、下腹部など全身のひきしめが可能になりました。まわりに気付かれないように「リフトアップ」できます。

しかも、これまでの痛みや施術時間も改善され、より快適にたしかな効果を実感していただけます。

Thermacool とは“熱の”という意味の“thermal ”と“冷たい”という意味の“cool”からとった造語です。皮膚を冷却しながら高周波(RF radio frequency)電流で皮膚の奥深くをあたため、コラーゲンを収縮、増殖させることにより、皮膚のたるみ、しわ、毛穴、ニキビ、ニキビ跡を改善するノンアブレイティブ治療です。

しわやたるみの改善、美肌・若肌の促進に加えて小顔治療器としても使用されております。今では顔や首はもちろん下垂したバストやたるんだヒップなど体の引き締めをも可能にしています。

はじめに『たるみは治療したいけれども手術はしたくない』『たるみと同時に肌質も良くしたい』という方に最適です。傷跡もできず、内出血もおこしませんので、社会生活を普段通りにしながら施術が可能です。

2002年にアメリカのThermage(サーメージ)社が開発し、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(食品医薬品局)、カナダのHPFB(健康製品食品局)にも承認されている効果的な若返り(アンチエイジング)治療器です。安全性と信頼性の高さについては保証付きです。施術後のダウンタイムもありません。

発売以来世界各国でブームを巻きおこしています。

CONSULTATION しわ・たるみはどうして起こるのか?

しわ・たるみはどうして起こるのか?皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下脂肪組織の3層構造でその下に筋肉や骨などが存在します。真皮はコラーゲンと呼ばれる線維成分やその間を埋めるヒアルロン酸等の保湿成分そしてコラーゲンを作り出す線維芽細胞等の細胞成分からなります。皮下脂肪組織では脂肪のまわりに線維性隔壁と呼ばれる線維が存在します。

紫外線によるダメージや老化による線維芽細胞の機能低下により、このコラーゲンが壊れたり、少なくなることで皮膚のしわやたるみがおこると考えられています。

サーマクールを行うことにより、真皮及び皮下脂肪組織の線維にそって高周波が流れ、その熱で線維を収縮させ、さらにまわりの線維芽細胞に熱刺激を与え、その活動を盛んにすることにより、しわ・たるみを改善します。

CONSULTATION ひきしめのメカニズム

熱によりコラーゲンや繊維組織の収縮がおこります。また創傷治療(傷を治す)過程でコラーゲンが増生します。サーマクールのひきしめ作用は縦方向・横方向・奥行きの3次元的におこります。→【ボリュームダウンがおこり、小顔効果が期待できます】

たるみの原因

加齢によって皮膚を支える支持組織がゆるんできます。また真皮内のコラーゲンが加齢や紫外線によって減少し、皮膚のハリがなくなり、たるみが生じてしまいます。

たるみに効く理由 サーマクールによる引き締めの仕組み

熱発生のメカニズム

RF(高周波)が肌に照射されると、電子の移動で摩擦熱が生まれます。またレーザーや赤外線では届かない深部にまで熱を発生させることができます。RF(高周波)の照射前、照射中、照射後に十分冷却されるため、肌表面を傷つけることはありません。

肌の表面に傷を残さず、皮下組織を引き締める サーマクールによる熱発生のメカニズム

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科

SHIROMOTO’s POINT

SEO用テキスト全ページユニークで

SEO用テキスト全ページユニークな原稿にする必要がございます。必要ないページは削除で。城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで。