中文网站韓国語英語

ワプトス(ダブルトーシス)

CONSULTATION ワプトス(ダブルトーシス)の歴史

シンガポールのDr.Woffles Wuが、アプトスをアレンジし開発したものがワプトスです。

ダブルアプトス、W-tosis(ダブルトーシス)とも呼ばれています。2004年にベルギーの学会で始めて報告されました。

ワプトスは頭皮内に長いワプトス糸を通して、切るフェイスリフトと同等の効果を出そうとする治療です。ワプトスは顔の周辺部を後上方に引き上げます。

従来のフェイスリフトのようにメスで大きく切開することなく、特殊なケーブル糸(双方向に針がついたゴアテックス・ポリプロピレン糸とエクボ除去糸、リフト効果を長持ちさせるためのゴアテックスアンカーなどからなるシステム)を用いて、たるみやしわを解消する方法です。

とりわけ従来のフェイスリフトでは難しいとされていた頬(中顔面)のリフトや目の下のくぼみの改善に優れた効果をもたらし、合併症やリスクも殆どなく、また従来のロシアンリフトや金の糸と比べても持続性に優れ、エクボができにくく改良されています。

CONSULTATION ワプトス(ダブルトーシス)の糸

ワプトスの糸アプトス同様ポリプロピレンという素材からできています。これは心臓血管外科などでも使用されている材質で手術に使われて30年の歴史がある安全性の高い素材です。

長さ60cmのアプトス糸は両端から中央に向かって特殊なギザギザの毛羽立ちがあります。

この毛羽立ちが皮下組織をしっかりと保持したるみを引き上げます。

糸の周囲には繊維組織が形成されるので、糸の強度以上の保持力が期待でき、長時間持続される効果があります。

CONSULTATION ワプトス(ダブルトーシス)の技術紹介

ワプトスの技術紹介ダブルトーシスでは、一切皮膚を切りません。特殊な針と特殊な糸を用いてたるみを引き上げ、しわを改善します。特に頬から下顎にかけてのいわゆるフェイスラインや、頬のたるみには有効です。

鼻から口元にかけてのしわ(ほうれい線)が浅くなり、張りのある頬の輪郭がよみがえり若々しい印象になります。

また同様に、目尻のたるみの引き上げることも可能です。少量の局所麻酔で、短時間にリフティング効果が得られます。

患者様ひとりひとり引き上げる方向、引き上げる強さは異なるため、城本クリニックでは施術前に座った状態で鏡を見ながら、どの方向に引き上げるかを患者様と一緒にデザインします。

毛髪の生え際に専用ニードルを用いてワプトス糸が通るトンネルを作り、ワプトス糸を挿入してデザインした方向に引っ張っていきます。ワプトスの特殊なギザギザの毛羽立ちが軟部組織に絡みつき固定され、引き上げが固定されます。
この時、たるみが引き上げられたことで、若干の皮膚のヨレが毛髪の中に生じます。

処置前のたるみの程度によって、皮膚のヨレの度合いには差がありますが、これらは時間とともに吸収され治ります。

また、ワプトス糸を入れた毛髪生え際にエクボ状のへこみが生じますが、これも時間とともに平坦になります。ワプトスは施術後、約1ヶ月ほどの間にある程度戻りを生じますので希望より若干強めに引き上げるのをお勧めします。

皮膚を切除縫合しないので、抜糸も不要です。通院の必要もありません。洗顔は施術翌日から、洗髪は翌々日から可能です。顔のマッサージは約1ヵ月後から可能です。

CONSULTATION ワプトスのリフティング効果

アプトスは戻りが来ることはまず無い(むしろ、3~4ヶ月後にさらに引きあがってくることが多い)ですが、ワプトスは、入れてから1ヶ月後くらいにかけて戻りがきます。

戻りの程度は個人差がありますが、一般的傾向として、額や目尻の引き上げは比較的戻りやすく、頬やあごは戻りにくいようです。

戻りと言っても、完全に施術前の状態に戻ってしまうのではなく、ある程度の所で止まるのでご安心ください。

また、戻りが大きい場合は、アプトスの施術を追加すると仕上がりがキレイになります。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科

SHIROMOTO’s POINT

SEO用テキスト全ページユニークで

SEO用テキスト全ページユニークな原稿にする必要がございます。必要ないページは削除で。城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで。