中文网站韓国語英語

自家組織移植法

鼻は高くしたいが、どうしてもプロテーゼを挿入することに抵抗がある方、ぶた鼻(上向きの鼻)や、だんご鼻など鼻先をスマートに整えたい方に適した治療が、『自家組織移植』です。

自家組織移植とは、プロテーゼなどの人工物ではなく、軟骨や筋膜、真皮などご自身の組織を利用する方法です。

自家組織を使用しているため、安全性が高く、見た目も自然に仕上がります。
また、組織の定着も早く、ずれたり、動いたりすることがないというメリットもあります。

自家組織の中でも、軟骨は移植後に他の組織に吸収されにくく、柔らかで弾力性に富み、細工もしやすいという理由から、隆鼻用素材としてもっとも好ましいと言われています。

軟骨を採取する場所としては、耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨などが一般的です。
それぞれ特徴が違い、患者さまがどういう鼻にしたいかによって使用する部位を決めていきます。
ここで、それぞれの部位の特徴についてご説明いたします。

CONSULTATION 耳介軟骨

耳介軟骨は耳の後ろにある軟骨です。大きな量を確保しにくいですが、採取が容易であり、隆鼻術移植後の吸収が少なく、柔らかく弾力性に富み、細工や加工がしやすいため、隆鼻術の自家組織移植法の材料としてよく使用されます。

ただし、耳介軟骨は曲がっている軟骨のため、鼻根~鼻背の直線的な場所への移植より、鼻尖部の方がこの曲線を利用できるため適しています。耳介軟骨は、片耳の後ろの付け根部分を2センチほど切開し、耳の軟骨の一部を切り取って縫合します。次に鼻の穴の中を3~4ミリほど切開し、そこから軟骨を鼻先に移植、縫合して終了します。創部には肌色のテープを貼ります。

CONSULTATION 肋軟骨

肋軟骨は十分な量の採取が可能です。鼻背の高さをしっかり出したい場合などは肋軟骨が適応になりますが、採取に際して前胸部に切開創の傷が残ります。そのため、他の軟骨移植よりはやや大掛かりな治療となります。

CONSULTATION 軟骨

鼻中隔軟骨の採取量は多くありません。高さをしっかり出したい場合は不向きであり、鼻背の高さを薄く出したいときや、鼻尖形成などに鼻中隔軟骨移植が適応になります。鼻尖形成の際には鼻中隔軟骨を支柱として移植し、鼻尖を高くします。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科

SHIROMOTO’s POINT

SEO用テキスト全ページユニークで

SEO用テキスト全ページユニークな原稿にする必要がございます。必要ないページは削除で。城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで。