中文网站韓国語英語

乳ガン検診の検査方法

乳ガンにはさまざまな検査方法があります。それぞれの特性を生かして選択、または組み合わせて行います。

当院では乳ガン検診を行っておりません。最寄りの機関までお問い合わせ下さい。

CONSULTATION マンモグラフィ検査(乳腺レントゲン撮影)

マンモグラフィ検査(乳腺レントゲン撮影)ごく小さなサインの「石灰化」を写し出します。

乳ガンを見つけるために有効な画像診断の一つがマンモグラフィです。
やわらかい組織でできている乳房の状態を写し出す乳房専用のX線撮影のことで、乳房をはさんで圧迫して撮影します。

マンモグラフィは乳ガンをはじめ乳房にできる病気のほとんどを見つけることが可能です。
特に、しこりとして触れることができない早期乳ガンのサインである石灰化(砂粒のように見えるもの)を鮮明に写し出せるのが大きな特徴です。

乳腺撮影が有効なのは、どちらかといえば高齢で乳腺が萎縮した女性です。
若い女性では厚く発達した乳腺により、小さな腫瘤を見つけることはやや難しくなります。
細かいカルシウムの沈着(石灰化)の発見には他の検査よりすぐれていて、早期発見に役立つことがあります。

当然のことながら、マンモグラフィで所見のない乳ガンもありえます。
放射線の被曝量が多いこと(胸部レントゲンの20倍)が欠点です。

マンモグラフィは乳房の全体像を1枚に写し出すので、左右を比較して診ることができます。
また、過去のフィルムと比較しやすいため、組織の微妙な変化をとらえることができます。
40歳になる前に健康な乳房の状態を撮影しておくと良いでしょう。

マンモグラフィのポイント

撮影の時期

乳房を圧迫するため、乳房がはっている時期は避けたほうがいいでしょう。
生理から1週間くらい後、乳房のはりや痛みがなくなり柔らかい状態のときがおすすめです。

撮影の方法

圧迫板という板で乳房を強めに押さえるようにし、位置決めを行います。
一方の乳房に対し2方向からの撮影を行う場合と、1方向の場合があります。
検査にかかる時間はいずれも、更衣から撮影終了まで含めて15分から20分程度です。

マンモグラフィ撮影では乳房を圧迫板でやや強めに押さえ、平たく引きのばします。
これは、診断に必要な良い写真を撮るためにとても重要なことです。

乳房は立体的で厚みもあり、そのまま撮影すると乳腺や脂肪、血管などの重なりで、実際に腫瘍があっても写し出されないことがあるからです。

またこのやり方は、放射線の被曝量を少なくする効果もあります。やや強めに押さえますが、一定以上の圧力はかからないような設定になっておりますのでご安心ください。

注意すること

マンモグラフィ撮影にあたって、食事の制限や前もって服用するお薬などはありません。
以前に受けた手術や傷跡、いぼ、ほくろや気になる症状などがありましたら、撮影技師にお伝えください。より良い撮影と診断に役立ちます。

撮影の範囲は乳房からわきの下を含めた部分です。撮影の際は、制汗剤やパウダーなどをよくふき取ってください。がんのサインである石灰化に似て写ることがあります。不要な再検査や必要以上の被曝を避けるためにご注意ください。

また、長い髪は事前に束ねておいてください。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科

SHIROMOTO’s POINT

SEO用テキスト全ページユニークで

SEO用テキスト全ページユニークな原稿にする必要がございます。必要ないページは削除で。城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで。