細胞診検査 | 乳ガン検診の検査方法 | 乳房再建なら美容外科、美容整形の城本クリニック

中文网站韓国語英語

乳ガン検診の検査方法

乳ガンにはさまざまな検査方法があります。それぞれの特性を生かして選択、または組み合わせて行います。

当院では乳ガン検診を行っておりません。最寄りの機関までお問い合わせ下さい。

CONSULTATION 細胞診検査

細胞診検査腫瘤を注射針などで穿刺(せんし)して細胞を採取する場合と、乳頭分泌物を直接プレパラートにつけて検査用の標本をつくる場合とがあります。

正確に腫瘤から細胞が採取されなければ判定ができません。

細胞診は細胞の形態的特徴を顕微鏡で観察して、悪性か否かを判断します。
したがってある程度推測が判定に関与するので、わずかではありますが誤判定の危険があります。

正確さという点では病理組織診断に劣りますが、簡単にできる検査であるために乳腺診療で広く用いられています。
細胞診の判定には資格を持った細胞検査士(スクリーナー)と細胞診指導医とが共同してあたります。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科