城本诊所国际版韓国語英語

糸リフト(切らないフェイスリフト)

糸リフト(切らないフェイスリフト)

糸リフトは、近年、若返り治療法として人気の高い施術です。
たるみが原因でハリを失ったフェイスラインをリフトアップし引き締めます。

特殊な医療用の糸を皮下組織に挿入することで、即時にわかる引き上げ効果はもちろんのこと、挿入した糸の周りにはコラーゲンを作り出す作用があるため、内側からのハリ感・若見え作用が期待できます。

糸リフトは、若見え治療だけでなく「老け予防」としても人気ある治療法です。
20代の若い世代でも、タルミ予防として治療を受ける方も多くいらっしゃいます。

ふんわりしたフェイスラインを美しく、シャープに仕上げます。

城本オリジナルリフト:人気のベテラン医師によるリフトアップ術で「切らない」しわ・たるみ・小顔対策!顔のたるみが気になる方へ──城本オリジナル糸リフト/ミラクルリフト 新価格 4本206,800円

糸リフトの効果

糸リフトとは、その名の通り医療用の糸を用いて肌を内部から持ち上げ、加齢等によって気になる肌のたるみを改善する治療です。
一般的に、日本国内では医療用の体内で溶ける糸を用いており、治療から一定期間すると糸が溶けて無くなるため、最小限のリスクで受ける事ができます。
ただし、糸が溶けて無くなるといってもそれによって効果が完全に消えるわけではなく、糸の周辺に生成されたコラーゲン組織などによって肌のリフトアップ効果は一定期間持続します。
糸には「カエシ」などがついており、それにより肌を内部から持ち上げる事ができるようになっています。このカエシのつき方や糸の構造により期待できるリフトアップ効果などが異なりますので、目的に合わせた糸の選び方が治療効果を高めるためのポイントです。

糸リフトのメリット

糸リフトの大きなメリットはその手軽さで、麻酔の後は注射器のような形状の器具で糸を挿入していくだけの施術となるため、従来のメスによる切開が行われるリフトアップ術と比べ、短時間でリスクも少なく行うことができます。
ダウンタイムもほぼ無く、治療後しばらくは糸によるハリや触った時などに多少の痛みを感じる場合はありますが、基本的に日常生活に支障がでるような事はありません。
また、糸リフトはコラーゲン生成の促進によって肌の「土台」を作る作用もあるため、ある程度若い内から行うことで加齢によるたるみを予防したり、HIFUなどのリフトアップ術の効果を更に高めたりという事も期待できます。

他のリフトアップ治療との違い

リフトアップ治療には他に、皮膚を切開して持ち上げてから縫い留める形成外科術や、超音波を用いて筋肉や肌の引き締めを行うHIFU、ラジオ波による熱を用いたサーマクールなど様々な手法があります。
その中で、糸リフトは物理的に肌を持ち上げる事ができるという利点からHIFUやサーマクールなどの治療よりもハッキリとした引き上げ効果が得やすく、また施術直後から効果が出せるという点が利点です。
一方で、引き上げ効果の強さという点ではやはり形成外科術には及びませんが、ダウンタイムが無く手軽に出来る点や、形成外科術は「余分な皮膚」を切除してしまうため繰り返し行う事ができませんが、糸リフトは何度でも繰り返す事が可能で、たるみが気になってきたら治療を受けるという方法がとれる点が利点といえます。

人気の糸リフト

バーブアンカー

心臓の手術などの際にも用いられるPDOというたんぱく質から生成される素材を使った糸で、バーブ(返しの意味)という言葉の通り、ギザギザな針状の返しがついた形状をしています。
これまで用いられていた糸にもこうしたギザギザな形状はありましたが、それらは糸に切り込みを入れるような加工方法であったため、糸自体の強度が弱く、効果が発揮されにくいという難点がありました。
このバーブアンカーは切り込みを入れるのではなく、特殊な製造方法により針状の部分がついた糸として作られているため、十分な強度を持ち効果の発揮しやすさや持続期間という点で優れたものとなっています。
バーブアンカーでの施術は真ん中で折り返して二方向に糸を挿入する方法で行われるため、糸についた返しは真ん中で逆の方向になっています。折り返して挿入することで、安定して高い引き上げ効果が実現可能です。

アンカーDXダブル

PCLという、PDOよりも柔らかく、持続期間が長い素材で作られたものがアンカーDXダブルです。糸の形状はバーブアンカーと似ていますが、この素材の違いにより、術後の不快感の減少や、効果の持続期間が長くなる点がメリットです。
また、素材が柔らかいため直線的な入れ方だけではなく、たるみの状況に合わせて柔軟な糸の入れ方が可能となるため、それぞれの悩みに合わせた最適な治療が行えます。

アンカー MAX

こちらもPCL素材でつくられた糸で、特徴としてはカエシだけではなく、横に飛び出した突起状の部分がある点です。
この突起部分が適度に肌内部から刺激をあたえ、コラーゲン生成を効果的に促す事で高いリフトアップ効果を発揮します。

テスリフトソフト

テスリフトやPDO素材の糸をより合わせてメッシュ状にしたタイプの糸です。メッシュ状になることで糸自体が皮膚組織と密着しやすくなり、高いリフトアップ効果を発揮します。
カエシによって強力な引き上げ効果を得るというよりも、自然な引き上げ効果をしっかりと維持する目的や、糸の挿入によって鼻の高さや鼻先の形状を整える施術などに用いられます。

VOVリフト

PCL素材でギザギザの返しがついた糸で、持続性の長さに特徴があります。挿入から約2年間維持できるとされており、また糸が柔軟なため違和感も少ない点がメリットです。

PICK UP 今、人気の糸リフトをピックアップ

バーブアンカー

テスリフトソフト

アンカーDXダブル

Gコグプレス

アンカーMAX

VOVリフト

ミントリフト

ショッピング
スレッド

ミラクルリフト

スプリング
スレッド


ミラクルリフト の症例写真

施術の内容
ミラクルリフトとは、スレッドを多数使用して、側頭部の真皮と皮下の浅筋膀層に特殊固定する方法です。30分の治療時間で強力なフェイスリフト、肌の弾力アップ、小顔効果があります。1本 50,000円(当時の価格で現在とは異なる場合があります)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

糸リフトの症例写真

施術の内容
30分の治療時間で強力なフェイスリフト、肌の弾力アップ、小顔効果があります。ミントリフト6本・VOVリフト4本 680,000円(当時の価格で現在とは異なる場合があります)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

ほかの症例写真をもっとみる

糸リフトの基礎知識

糸リフトとは、医療用の特殊な糸を顔の組織内に挿入してリフトアップ効果(たるみ改善効果)を出す切らない治療のことを言います。現在はリフトアップ効果だけでなく、たるみ予防として、20代前半の若い世代からも注目されている治療法です。

コグと呼ばれる特殊な引っ掛かりのある糸は、短時間でリフトアップを実感できる効果があります。また、糸を挿入することで組織が刺激され、糸周辺には新しくコラーゲンを作り出すため、たるみ改善をしながら美肌効果も期待することができます。

糸リフト治療が人気治療である理由の一つに「ダウンタイムがない」ことが挙げられます。治療時間も30分ほどで終わることから、手軽に行える治療として、とても人気があります。
翌日よりお仕事をされている方も沢山いらっしゃり、日常生活に影響のない治療であることも特徴です。

元々の皮膚の状態は、お一人お一人異なりますので、まずは皮膚やたるみの状態を診させて頂きます。
気になる部分、どのように変えたいかなど、医師とカウンセリングにてお聞かせ下さい。

糸の挿入方法(デザイン)は、患者様それぞれの状態によって異なります。
下から上にだけでなく、斜め、左右、あらゆる方向でリフトアップが可能です。多くの症例をもつ医師が状態を確認し、糸の挿入方法を検討します。

当院は、既に糸リフトを挿入したことがある方も多くご来院頂いています。
ヒアルロン酸注射やボトックス注射など、糸リフトと組み合わせた治療も可能ですので、無料カウンセリングでご相談下さい。

フェイスリフトの麻酔方法

バーブアンカー(BarbⅡAnchor)、VOVリフト(ボブリフト)、ミラクルリフト、Gコグプレス、テスリフト、ミントリフト、ヤングスリフト、ハッピーリフト、スプリングスレッド、Zリフト、アプトス、ワプトスは、全て安全な局所麻酔で行うことが可能です。施術中は眠っていたいという患者様には笑気麻酔、静脈麻酔も可能です。患者様のご希望をドクターにお伝えください。

糸リフトに関するよくある質問

糸リフトって何ですか?
糸リフトは、特殊な医療用の糸を皮下組織に挿入し、リフトアップ、たるみ改善効果、たるみ予防が期待できる切らない治療法です。
何歳~何歳までの方ができますか?
年齢は関係なく、たるみの気になる方、リフトアップされたい方、たるみが発生していないお若い方でも、たるみ予防治療として行う方が多いです。
糸の種類はどのような物がありますか?
糸の種類は多種ございます。お一人お一人にあった糸でご案内しております。また、いくつかの糸を組み合わせて行うこともございます。
入院は必要ですか?
いいえ、日帰り治療で行なえます。(糸リフトに限らず、全ての手術は日帰り手術でございます)
仕事はいつから行えますか?
施術の翌日より、メイクもできます。多くの方が、翌日より、お仕事をされています。
数年前に治療をやった事があります。またやっても大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。追加で治療を行うこともできます。
失敗やリスクはありますか?
糸リフトは侵襲性の低い治療のためリスクはとても小さいといえますが、失敗とされるケースとしては、糸の挿入箇所で肌表面がボコボコとしてしまい、糸を入れた事がわかってしまうような状態になるというものや、引き上げる力が強すぎて違和感が生じるというものがあります。
これは施術の効果を高めようと皮膚の表面側に近い場所に糸を入れてしまうなどの際に起こるケースで、十分な効果を発揮しつつこうしたトラブルを引き起こさないためには十分な医師の技術が必要となります。
トラブルが起こらない対策方法はありますか?
トラブルとして起こりやすいのが、施術後の傷跡から雑菌が入る事などによる感染です。施術後は雑菌が入らないようにテープなどで保護を行いますが、施術後一定期間は傷跡が開いた状態にはなりますので、医師の指示に従って過ごすようにしてください。

SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など

切らないフェイスリフト、リフトアップ系の糸(バーブアンカー(BarbⅡAnchor)、VOVリフト(ボブリフト)、ミラクルリフト、Gコグプレス、テスリフト、ミントリフト、ヤングスリフト、ハッピーリフト、スプリングスレッド、Zリフト、アプトス、ワプトス等)治療後は、腫れ・浮腫みがあります。

痛みに対する感じ方は個人差がありますが、全く痛みがないわけではありません。
術後数日~1ヶ月位は、大きく口を開けたり、笑ったり、顔を洗う時などの際に、引きつれ感や違和感があります。
また、内出血となるケースがありますが、いずれも時間の経過とともに気にならなくなります。

治療後すぐ、針を刺した箇所以外はメイクが可能です。
治療後翌日からは、針を刺した箇所もメイクが可能で、万が一内出血となった場合でも、ファンデーションやコンシーラーで気になる部分をカバーできます。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科