中文网站韓国語英語

注射による多汗症治療

ボトックス・ゼオミン汗腺には2種類あります。アポクリン汗腺は、毛包に伴って分布し体温調節には関与しません。エクリン汗腺は、体温調節に重要な役割をはたしており、全身にわたって分布していますが、特に手のひらや足の裏、ワキの下で密度が高くなっています。
エクリン汗腺は、心因性の刺激(緊張など)に対して過剰反応を示します。

ボトックス及びゼオミンはタンパク質の一種で、交感神経の働きを弱める作用があるため、エクリン汗腺やアポクリン汗腺の活動を抑制し、汗の分泌を抑えることができます。これらボトックスやゼオミンを注射すれば、メスを使わず、数分でかんたんにワキの汗とその臭いを抑えることができます。

汗腺は残したままで、効果はおよそ半年~1年も続きます。

汗腺は真皮深部および皮下組織上層に位置しています。
したがってボトックス注入・ゼオミン注入は、真皮下の皮下注入が最適です。

このような方に適しています。

  • 冬でもワキに汗をかく
  • シャツに汗じみがつく
  • 緊張すると汗が出る

CONSULTATION ボトックスとは

ボトックスボトックスはもともと米アラガン社の商品名で、現在はボツリヌス菌毒素による治療薬全体に対する名前として使用されています。

A型ボツリヌス毒素を使用し、筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを弱める働きがあります。

これは、筋肉の収縮時に産出されるアセルコリンという物質の動きをブロックする働きで、これによって筋肉の動きを抑制します。

A型ボツリヌス毒素の安全性について

A型ボツリヌス毒素による食中毒は、30000単位以上で起こると言われています。
ボトックス注入による治療では、1回に5~100単位程度の毒素注入による治療ですので、中毒を起こす心配はありません。

CONSULTATION ゼオミンとは

ゼオミンMerz Group Service GmbH社が製造する、最先端のボツリヌス毒素製剤です。

ゼオミン(Xeomin)は、1989年にFDA認可を取得(美容目的)したボトックスなど、既存のA型ボツリヌス毒素製剤が抱えていた様々な問題点を克服し、2011年にFDA認可を取得しました。

CONSULTATION ボトックス注射・ゼオミン注射でワキ・多汗症のプチ整形!

  • メスを使わず注射でかんたん!
  • 治療時間たったの5分!
  • 施術したその日からシャワーも入浴もOK!
  • 手のひら・足の裏も治療できます!

このボトックス及びゼオミンを注射すれば、エクリン汗腺やアポクリン汗腺の活動を抑制し、汗の分泌を抑えることができます。
これにより、メスを使わず、数分でかんたんにワキの汗とその臭いを抑えられます。

汗腺は残したままで、効果はおよそ半年~1年も続きます。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科

SHIROMOTO’s POINT

SEO用テキスト全ページユニークで

SEO用テキスト全ページユニークな原稿にする必要がございます。必要ないページは削除で。城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで。