中文网站韓国語英語

わきが・多汗症の基礎知識

CONSULTATION わきがとは

わきが・多汗症のすべてわきがの正式名称は「腋臭症」といい、脇の下から強い臭いを放つ症状の事をいいます。
脇の下にある「アポクリン汗腺」という部分から分泌された汗が皮脂の表面の細菌によって分解されたときに独特の臭いを発します。

汗を分泌する腺には、エクリン汗腺アポクリン汗腺という二種類の分泌腺があります。

そのうちエクリン汗腺というのは、全身の皮膚に分布しており、特にワキの下や手や足のひらに多くあります。エクリン汗腺の汗の成分は、99%の水と1%の塩分でできていますので、臭いはほとんどありません。

一方、アポクリン汗腺は、ワキの下、乳輪、陰部、外耳道、臍など、身体の決まったところにしかありません。アポクリン汗腺の汗の成分はタンパク質、糖類を始め、アンモニア、鉄分、蛍光物質、脂質、脂肪酸など、臭いの元となる物質が分泌されています。これは、粘り気のある乳白色がかった液体で、この汗の成分が細菌などによって分解されて臭いを発するものが「わきが」なのです。

皮脂腺について

皮脂腺は皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の働きをするために、皮脂と呼ばれる脂肪を分泌しています。
皮脂腺がなければ皮膚はカサカサ、になってしまいますが、逆に分泌量が多すぎれば、肌がべたついたり、皮脂の中には脂肪酸が含まれているため、酸化すると過酸化脂質となり体臭の原因にもなってしまいます。

ニオイについて

アポクリン汗腺から分泌された汗が、エクリン汗腺から分泌された、水分の汗によってワキの下全体に広がります。そこへ皮脂腺からの脂肪もまじわり、皮膚の表面に存在する細菌や雑菌類と一緒になり、細菌や雑菌類に分解され、臭いを放ち始めます。(この細菌は常在菌といわれるもので、肌に付着した異物や有害な雑菌を取り捕まえて分解してくれる、肌の健康を保護するためには欠かせない存在です。)

人種差

わきがは人種差が大きく、欧米人は70~90%の人がわきが体質であるのに対し、日本人は10~15%、中国人は3~5%と非常に少なくなっています。

つまり、日常のこととして気にならない欧米人に比べ、世界中でも特に体臭の少ないと言われている日本人は、体臭に慣れていない為、いっそう臭いが気になってしまうのです。

遺伝

わきがは遺伝によっても左右されますので、片親がわきがの場合は約50%、両親がわきがである場合は約75%の割合で遺伝すると言われています。

アポクリン汗腺の活動は、思春期の頃から始まり、熟年以降、老化で衰えるまで続きます。

CONSULTATION 多汗症とは

わきが・多汗症のすべてアポクリン汗腺も含めて、汗の分泌量が多いものを「多汗症」と言います。何ミリリットル以上、汗をかくから多汗症というものではなく、自覚的な要素の多い病名ということになります。しかし、緊張しやすい人や太っている人、甲状腺機能の亢進している人などにも多汗症は多く存在します。

多汗症はワキの下だけではなく、手足、顔といった場所にも起こります。代表的な症状として、ワキの下から汗が流れたり、ワキの下の黄ばみ、原色のブラウスなどを着た時にできる汗じみが気になるといったものが挙げられます。

汗の量が多いだけで、痛みなどはないため、病気としては認識されにくいですが、多汗症は厚生労働省からも認定されていますので、病気であるということになります。
多汗症は、不安・緊張など精神的なものが大きく関わっているようなので、物心つく頃から、思春期にかけて発症する事が多くあります。
自分が多汗症であると感じている人は汗が出てしまうのではないかと緊張したり、ストレスを感じたりしてしまうと余計に汗をかいてしまったりと悩みを抱えていると思います。
多汗症はストレスや不安、緊張などの精神的なものですとか、食生活や遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りなどが原因といわれています。

特にワキの下は、身体と腕が閉じた状態が多く、汗をかきやすい場所の一つです。わきがと多汗症は、同一のものではなく、多汗症の人がすべて臭いが強いということではありません。

多汗症とは、手掌多汗症を意味することもあります。手掌多汗症は、手指末端から多量の発汗をする状態を言います。
原因は不明で、交感神経ブロックが治療法(ボトックス注射・ゼオミン注射)となります。

手掌多汗症の発汗レベル

手掌多汗症レベル1 湿っている程度。触ると汗ばんでいるのがわかる。
手掌多汗症レベル2 見て汗をかいて濡れていうのを確認でき、流れる程ではないが水滴ができる。
手掌多汗症レベル3 手の平から汗が水滴となって滴り落ちる。

注射による手掌多汗症の治療

ボトックス・ゼオミンボツリヌス菌から作られたボトックスやゼオミンを使用することで、筋肉が収縮して汗腺が細くなるため、発汗を抑える方法があります。

ボトックスやゼオミンはタンパク質の一種で、交感神経の働きを弱める作用があるため、エクリン汗腺やアポクリン汗腺の活動を抑制し、汗の分泌を抑えることができます。持続期間は約半年~1年程度ですが、個人差がございます。

CONSULTATION 美容外科でのわきが・多汗症

わきが治療は現在、美容外科として扱われることが多くなっていますが、もともと皮膚科や形成外科でも治療されていました。

わきが治療はニオイをとるという目的で手術が行われます。
ご存知の通り、美容外科は見た目をより美しくする目的で手術が行われますが、わきがの手術だけは臭いを取るという目的が主で、今の状態をさらに美しくするという手術ではありません。
ただ、手術後の傷跡をできるだけキレイにということで、美容外科でお受けになる方が多くいらっしゃいます。

傷口が残ってもいい、入院しても大丈夫というのであれば、わきが・多汗症の治療は保険診療でも行うことができます。
美容外科手術を受けるメリットは以下の点があります。

  • 確実な効果
  • 症例数の多さ
  • 傷口の美しさ
  • 高度な技術
  • 保障制度(アフターフォロー)

しかしながら、ニオイというのは、どの人も多少あったり、見た目の比較もできないため、改善したという評価が難しい症状になります。
そのため、効果が充分でない手術や未熟な手術でも実施され、患者様サイドからは何が良いのか分からないという現状です。また、手術料金もさまざまで、高い料金で特別な手術(そのほとんどが特別な名称をつけています)であるという印象を持たせるという手法や、わきが関連の書物を出版し、これを新聞などで広告する(いわゆるバイブル商法)も見受けられます。

わきが・多汗症手術は一生に一度の手術です。
正しい手術を適正料金で受けられる事を願っています。

CONSULTATION こんな言葉にご注意を

「超音波」という言葉

このような言葉に気をつけよう

  • 超音波だからキズが小さい
  • 超音波だから治りが早い
  • 超音波だからキズが目立たない
  • 超音波だから術後もラク
  • 超音波だから安全です

超音波でアポクリン汗腺を充分に取り除くためには、表皮付近まで熱症が発生してしまいます。つまり、効果を充分出すためには、火傷を作らなければなりません。その結果、キズは汚くなります。キズのことを気にするあまり、アポクリン汗腺を充分に除去しないのが当たり前になっていて、効果の少ない手術方法ということになります。

「小さなキズで完治」という言葉

キズは小さい方がよいのは当然で、その気持ちを利用した言葉です。
わきがは、臭いという症状を消さねば意味がありません。そのためにアポクリン汗腺を取り残すわけにはいきません。そのためには、直接目で見て取る以外に方法はありません。

自分の部屋の掃除を考えてみてください。
目で見て掃除するからキレイになるのであって、いかなる最新鋭の機械(掃除機など)を使ったとしても、掃除機の吸引管だけを差し込んでも、小さなドアの隙間からゴミや埃を完全に取り切ることはできません。

わきが治療も同様です。アポクリン汗腺は皮膚の裏に強固に付属している組織です。これを目で見て丁寧に取ることが大切です。小さなキズから自分たちの開発したという手術機器を使ったとしても、汗腺を取り残すのは言うまでもありません。

もちろん、直接目で見ても、なるべく小さなキズにする努力は必要であると考えています。

「特別な○○○法」という言葉

専門家ではない限り、わきがで最良の手術と適正料金というものはわかりません。そこで、「特別な方法」とかアルファベットやカタカナを用いた「~法、あるいは~式」という言葉を用いて、最良の手術がごとき印象を与えることになります。

また、「良い手術=料金が高い」というイメージを持つことが多いため、「特別な方法」「~法、~式」という言葉をつけただけで、10万円以上、時には何十万も高い料金が設定されていることもあります。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科

SHIROMOTO’s POINT

SEO用テキスト全ページユニークで

SEO用テキスト全ページユニークな原稿にする必要がございます。必要ないページは削除で。城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで。