城本诊所国际版韓国語英語

第105回日本美容外科学会

PRESENTATION 城本クリニックの医師による発表内容

2017年5月16,17日、ANAインターコンチネンタル東京にて開催された第105回日本美容外科学会において、城本クリニックの医師が発表しました。
鼻尖・鼻翼・鼻中隔や豊胸、眼瞼、一般演題等の美容医療に関するさまざまな演題を通じ、美容医療の発展と患者様への安全な医療を提供すべく日々研鑽に努めています。

田中真輔 医師

田中真輔修正症例を含む鼻の手術の検討Clinical case study of nasal operation (including re-operation cases)

シンポジウム「鼻尖・鼻翼・鼻中隔」

鼻の悩みについては患者により千差万別である。鼻は全体のバランスが重要で、一部を改善させても必ずしも満足いく結果にならない。
最近の傾向としては国内のみならず海外からの患者も多く、特に修正希望が多いのが特長である。
修正は手術の詳細が不明で、患者申告であるため手術時に大変難渋することに直面する。鼻尖形成、鼻中隔延長など鼻の手術について修正を含め最近経験した症例について検討する。

A psychological complex of the nose are infinite variety.
The importance of nose shape is total balance.
If the partial of nose shape has been improved, the result is not always satisfied.
The recent trend is that patients from abroad increased, who hope the modification operation in particular.
The re-operations are very difficult because of unknown details of previous operations.Cases about nasal tip surgery, septa I extension its operation, etc. recently was considered.

田中真輔特殊フィルターを持つバッグとb-FGF(b-Fibroblast Growth Factor)を使用した脂肪注入による豊胸術の検討 第2報Breast Augmentation Using Fat Grafting

シンポジウム「豊胸」

第103回日本美容外科学会にて特殊フィルターを持つバッグ(puregraft cytori)とb-FGF (b-Fibroblast Growth Factor)を使用した脂肪注入による豊胸術で発表した。今回はその後の新たな症例も含め検討した。

At the 103rd Japan Society of Aesthetic Surgery, breast augmentation performed by fat grafting using bag with high performance filter(puregraft cytori) and b-FGF(b-fibroblast growth factor) was presented.
All cases including new cases were considered.

渡辺頼勝 医師

渡辺頼勝斜鼻変形に対する整容・機能改善を両立・最大限化する鼻中隔外鼻形成術アルゴリズムの検討Treatment algorithm for septorhinoplasty to optimize aesthetic and functional improvement of crooked nose

シンポジウム「鼻尖・鼻翼・鼻中隔」

斜鼻の治療は、整容性の問題のみならず鼻腔通気機能障害を伴うことも多く、斜鼻原因の正確な診断と鼻中隔・鼻形成術のあらゆる技術の集約が必要とされる。斜鼻変形には、外鼻形態のみの改善で十分な場合から、鼻腔通気機能障害と外鼻形態の双方の改善が必要な場合まで、実に様々な程度のものが含まれているため、機能と整容の改善を両立しつつ最大限化する系統的な鼻中隔・鼻形成術アルゴリズムが不可欠である。今回、斜鼻に対する最近の鼻中隔・鼻形成術アルゴリズムによる治療成績を検討した。

Treatment of the crooked nose has to be addressed conjointly with both aesthetic and functional (airway obstruction) improvement. Here we introduced our recent treatment algorithm for the crooked nose by aesthetic septorhinoplasty.

田中哲一郎 医師

田中哲一郎当院で行っている切開式重瞼術 反転眼窩隔膜弁の利用Double eyelid incisional blepharoplasty in our clinic. Use of turnover orbital septal flap.

シンポジウム「眼瞼」

埋没法を複数回受けた患者様が最終的に切開法を選択する事がある。
この場合、重瞼ラインが消失しない切開式重瞼術を行うことが重要である。
当院では、皮膚切開線の眉毛側より、後眼輪筋脂肪(R00F)と眼窩隔膜間を剥離し、瞼板上に到達、皮膚表面に到達出来る十分な長さの反転眼窩隔膜弁を作成し、皮膚縫合の際、この眼窩隔膜弁と皮膚を縫合固定している。
必要によって、適宜、余剰皮膚、眼輪筋の切除、挙筋腱膜の前転、眼窩脂肪、R00F除去、内眼角形成術を追加している。

There are many patients who were performed several times of buried suture methods.
Some of them choose the incisional double eyelids plasty eventully.
In these cases, disappearance of the double-eyelid must be avoided.
Creation of stable and long lasting upper eyelid crease is our highest priority.
We approach to the orbital septum, from the eyebrow side of the skin incision line.
Incising between retro-orbicularis oculi fat layer (ROOF) and orbital septum, making turnover orbital septal flap long enough to reach the skin.
Closing incision line including septal flap, adjacent to the skin suture.
Optionally, removing skin, resecting orbital oculi muscles,orbital fat and ROOF removal have been added.
The levator aponeurosis is appropriately advanced and fixed to the tarsus.

大藪顕 医師

大藪顕美容外科における麻酔 ~良い手術は良い麻酔から~Anaesthesia in Aesthetic Surgery -The Better Anaesthesia Practice, the Better Surgical Practice-

一般演題

美容外科における手術手技に関しては、この15年で良い手術、機材の議論が十分なされるようになり、進歩は目覚ましいものがある。しかし、手術を行うにあたリ必ず必要になる麻酔に関してはどうだろうか?良い麻酔薬、機材、麻酔法がでてきているのに進歩があまり見られていないクリニックが多い。
残念なことに、美容外科における医療事故症例は麻酔関連のものが多いのが現状である。
適切な術前評価、麻酔法選択、周術期管理がなされていれば事故を防げた症例もあったのではないか。
より快適な麻酔で、良い手術を行い、患者満足度を上げていく必要があると考え、美容外科専門医、麻酔科認定医の立場から、現在の美容外科における麻酔の問題点と今後の課題と展望を検討した。

In the recent 15 years, improved surgical practices, equipments and materials are extensively discussed in aesthetic surgery techniques, and their progress is notable and remarkable. However, what about anesthesia that is necessary for surgery? There are many clinics which have not made much progress although there are better anesthetics, equipments and materials, and anesthesia practices.
Unfortunately, many current medical accidents in cosmetic surgery are related to the anesthesia. There may be many cases where accidents could be preventable if the appropriate preoperative management including evaluation and assessment and anesthesia method selection is done.
As a certified aesthetic surgeon and qualified anesthesiologist, also in consideration of patient satisfaction and improvement by the choice of more suitable anesthetic practice and surgical operation, I would like to review the anesthesia issues and future perspectives on the current aesthetic surgery.

中川剛 医師

中川剛長掌筋腱を用いた前頭筋吊り上げ術Frontal is suspension surgerry with palmaris long us tendon

一般演題

挙筋能の低下した眼瞼下垂に対しては、従来より大腿筋膜やゴアテックス等の人工素材を用いた前頭筋吊り上げ術が広く行われている。
大腿筋膜には、拘縮による過矯正、採取部の術後合併症、採取が容易でないことがある、人工素材には感染のリスクといった問題点が有った。
これらに替わる術式として、長掌筋腱を用いた方法を1980年に武田らが、近年では2014年に酒井らが報告している。
本法を用いた症例を数例経験し、良好な経過で有っだので、若干の考察を加え報告する。

Frontalis suspension with fascia lata or artificial materials including Goretex or synthetic suture as sling materials is a commonly used surgery that is indicated in patients with blepharoptosis and poor levator muscle function. The procedure with fascia lata has the disadvantages such as over correction caused by contracture of donor graft, post-operative complications in donor site, and difficulties in harvesting.
That with artificial materials has the disadvantages such as infection.
In 1980 Lam et al. and recently Sakai et al. in 2014 reported the procedure with palmaris longus tendon as sling material as a alternative of those procedures mentioned above.
We had some cases who underwent this procedure and they has been making satisfactory progress.

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科