城本诊所国际版韓国語英語

しみ・そばかす

しみ・そばかす

シミ取りレーザー治療

お悩みに合わせてお選びします

  • 光治療
  • レーザー治療
  • レーザートーニング

3つの特徴

シミ治療はこんな方におすすめ

シミ治療はこんな人におすすめ

CONSULTATION しみ・そばかす 発症のメカニズム

しみ・そばかすお肌の色を決定するのは、メラニンという色素です。

このメラニンは、肌細胞を紫外線などから守る働きがありますが、かといって作られすぎると、しみやそばかすの原因になります。

肌が紫外線などにより刺激を受けると、表皮の最下部にあるメラノサイト(メラニン産生細胞)のチロシンというアミノ酸が、ドーバキノンという物質へと変化します。

さらに、ドーバキノンが黒色メラニンへと変化し、この黒色メラニンが過剰に作られ続けた部分が表面に現れることで、しみやそばかすになります。

通常であれば、このメラニンは皮膚のターンオーバー(皮膚が生まれ変わる代謝のサイクル)によってはがれ落ちていきますが、老化や不規則な生活によってターンオーバーのサイクルが延びてしまうと、肌の中に蓄積されていってしまいます。

また、しみとそばかすは、どちらもメラニン色素の増加が原因で発症しますが、しみは、主に30歳以降の女性に多く、形や大きさもさまざまです。

女性ホルモンが関係するとの説もあります。

それに対してそばかすは、遺伝的要素が強いもので、顔の真ん中や手の甲、腕、肩、背中などに多く、直径数ミリ程度の小さなものがほとんどです。

シミの特徴・原因

メラニン色素の蓄積によって引き起こされる悩みの中でも、いわゆるシミと呼ばれるものは主に紫外線の影響によって発生するもので、主に30歳以降の女性に多いとされています。
一般的にシミと呼ばれるものは「老人性色素斑」とよばれるものが多いのですが、これは特に紫外線を浴びやすい頬の上部やこめかみ、手の甲などにくっきりとした色味で現れます。
こうしたシミは、紫外線刺激によるメラニンの過剰生成と、紫外線ダメージによる肌代謝能力の低下の両方が影響し、皮膚内にメラニン色素が蓄積されたままとなる事で引き起こされます。

紫外線の他にも、ストレスによる女性ホルモンなどの乱れや、偏った食事による栄養摂取の偏り、睡眠不足による免疫低下、そしてメイクや洗顔による肌への刺激などの影響でメラノサイトが活発化したり、肌代謝が低下したりする事もシミの原因です。

そばかす(雀卵斑)の特徴・原因

目元や鼻の周囲に、点状の色素沈着が広がった形の「そばかす」も、大きな原因はシミ同様紫外線ですが、そばかすの場合は遺伝的に「紫外線に反応しやすい」性質をもった方に生じやすい症状です。
先天的なもののため、シミとは異なり幼少期から発生します。

尚、そばかすと同じ範囲に、大人になってから色素沈着が広がる場合がありますが、これは元々そばかすの遺伝を持っていた方が大人になってからその影響を受けたケースと、そばかすではなく「肝斑」という状態になっているケースがあります。
肝斑の場合はシミの輪郭が曖昧でモヤっとした形に広がるので、そばかすとはやや見た目が異なります。

先天的な色素沈着の「母斑」のケースも

遺伝によって影響を受けるケースでは、太田母斑などもあります。
母斑は遺伝の影響で発生する症状のため、幼少期や思春期頃に発生するケースも多いのですが、遅発性といって大人になってから症状が出る事もあります。
見た目は大きなシミのような形状で、正確な診断が困難な場合もあります。
母斑の場合でも、シミと同じように治療は可能ですので、まずはご自身の症状がどんな原因で引き起こされているのか、医師のカウンセリングでしっかりと判断をする事が最適な治療のために重要です。

CONSULTATION しみの種類

肝斑(かんぱん)

妊娠や子宮系の異常によって女性ホルモンのバランスが崩れることで発症し、主に30~40代の女性に多く見られます。目尻の下や頬骨の高い位置あたりに左右対称にできる場合が多く、かすみがかったようにぼやっと広がってできます。レーザー治療により悪化する場合もあるので、医師の正確な診断のもとで治療を受けることが大切です。

炎症跡色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

赤にきびや膿にきびなどの炎症を伴うにきびができた際、表皮の最下層にあるメラノサイトの活動が活発化し、メラニンを生成することでほかの細胞へのダメージを軽減させる働きをします。正常な肌の状態ではメラニンは分解・排出されますが、にきびができた後の代謝機能が弱まった状態ではうまく排出されなくなり、赤みや茶色み(シミ)だけが皮膚表面に残ってしまいます。

雀卵斑(じゃくらんはん)

いわゆる「そばかす」のことです。小さな斑点のようなしみが広い範囲に点在します。遺伝性による場合が多く、幼少期から目の下、頬、鼻の頭などに症状がみられます。市販の美白化粧品などで改善しようとした場合、色がぼやけて広がり、かえって肌の色がくすんで見えてしまうこともあります。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

通常、皮膚のターンオーバーによって、皮膚は28日周期で生まれ変わります。この新陳代謝がスムーズに行われると、メラニン色素も数ヶ月で古い細胞と共に外へ排出されます。しかし、加齢により新陳代謝が低下すると、メラニン色素が外に排出されることなく皮膚に残りやすくなり、そのまま沈着してしみとなります。年齢を重ねるごとにしみが消えにくくなるのは、このためです。

CONSULTATION しみ・そばかすに効果的な治療方法

しみ・そばかすは、フォトフェイシャル・フォトRF(オーロラ)・Eライト・E-max・M22・ePlusなどの光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。

濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方(※)もございます。

適切な方法を知るためにも、まずは医師の診断から受けていただくことをおすすめします。

※医薬品処方の際も、医師の診断が必要となります。

CONSULTATION しみの症例写真

しみ

施術の内容
部分的な目立つシミや老人性色素班などに適した治療です。ピンポイントで照射してシミの改善に導きます。濃さや・症状によって異なりますが一度の治療で綺麗になる場合が殆どです。目安の料金 5㎜×5㎜ 11,000円~
考えられるリスク、
副作用
患部は火傷状態の為、刺激や紫外線に非常に弱くなります。その為、新しい皮膚が再生される1,2週間ほど保護テープを貼る必要があります。

しみ

施術の内容
しみ・そばかすは、光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方もございます。1回9,800〜29,800円(当時の価格で現在とは異なる場合があります。使用機器、照射範囲などによって異なります。)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

しみ

施術の内容
しみ・そばかすは、光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方もございます。1回9,800〜29,800円(当時の価格で現在とは異なる場合があります。使用機器、照射範囲などによって異なります。)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

しみ

施術の内容
しみ・そばかすは、光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方もございます。1回9,800〜29,800円(当時の価格で現在とは異なる場合があります。使用機器、照射範囲などによって異なります。)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

しみ

しみ

施術の内容
しみ・そばかすは、光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方もございます。1回9,800〜29,800円(当時の価格で現在とは異なる場合があります。使用機器、照射範囲などによって異なります。)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

CONSULTATION しみ・そばかすの症例写真

しみ・そばかす

しみ・そばかす

施術の内容
しみ・そばかすは、光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方もございます。1回9,800〜29,800円(当時の価格で現在とは異なる場合があります。使用機器、照射範囲などによって異なります。)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

しみ・そばかす

施術の内容
しみ・そばかすは、光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方もございます。1回9,800〜29,800円(当時の価格で現在とは異なる場合があります。使用機器、照射範囲などによって異なります。)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

しみ・そばかす

施術の内容
しみ・そばかすは、光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方もございます。1回9,800〜29,800円(当時の価格で現在とは異なる場合があります。使用機器、照射範囲などによって異なります。)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

しみ・そばかす

施術の内容
しみ・そばかすは、光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方もございます。1回9,800〜29,800円(当時の価格で現在とは異なる場合があります。使用機器、照射範囲などによって異なります。)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

CONSULTATION そばかすの症例写真

そばかす

そばかす

施術の内容
しみ・そばかすは、光レーザーの治療で改善できる場合がほとんどです。濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方もございます。1回9,800〜29,800円(当時の価格で現在とは異なる場合があります。使用機器、照射範囲などによって異なります。)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

しみ・そばかすの治療方法

しみやそばかすの濃さ・症状によって数回に分けて治療を受けて頂く場合もありますが、通院が難しい方にご案内しておりますホームケアの美白用医薬品の処方(※)もあります。

適切な方法を知るためにも、まずは医師の診断から受けていただくことをおすすめします。

※医薬品処方の際も、医師の診断が必要です。

光治療(フォトフェイシャル など)

光治療では、しみ・そばかすの原因であるメラニン色素を光照射による熱刺激で破壊し、しみやそばかすを改善していく美肌治療です。
メラニン色素の破壊だけではなく、熱刺激によって肌の代謝(ターンオーバー)を促進するため、破壊されたメラニン色素をかさぶたとして早く排出させるほか、新しく作られたメラニン色素も肌内部にとどまらないようにするという効果が期待できます。

刺激の少ない光エネルギーで肌全体をバランスよくケアする治療のため、ポイントで目立つようなシミだけではなく、肌全体のくすみや広範囲にわたって広がるそばかすのようなシミの治療法として優れています。

光治療は広い範囲のシミ・くすみ解消に有効

光治療・フォトフェイシャル

光治療は、刺激の少ない光を広い範囲で照射する事で、肌全体のトーンを底上げしていく事が可能です。1回の照射でメラニンを完全に除去する事は難しいのですが、何度か治療を繰り返す事でシミやくすみのない肌を目指す事ができます。
また、メラニン色素の沈着が無い箇所でも光照射を行う事で代謝が活性化し、美肌効果を得る事ができますので、シミやくすみをケアしつつ肌全体を美しくしていきたいという方に向いています。

フォトフェイシャル

レーザー治療

特定の波長の光を用いる事で、狙った箇所の深くまで熱エネルギーを届けてメラニン色素の沈着を解消する治療です。
肌老化などによって基底層の内側などに入り込み、通常の肌代謝では排出されなくなってしまったような色素についても解消する事ができます。
また、光と比べて出力が強く色素を分解する力が強いため、照射1回での効果は強力になります。場合によっては1度の照射でシミを除去しきる事も可能です。

レーザー治療は深く範囲の明確なシミに有効

レーザー治療

レーザーは熱エネルギーが深くまで届き、メラニンを除去する効果も強い一方で、肌への刺激も強いため照射範囲は治療を行いたい箇所に限定されます。
境界が明確で、くっきりとした大きなシミを消したいという場合におすすめです。

レーザー治療

レーザートーニング

光治療やレーザー治療といった従来の方法では、実は対応できなかったシミがあります。それが肝斑という症状で、肝斑は何らかの刺激によってメラノサイトが活性化し、メラニン色素が過剰に作られ続ける事が原因のシミです。
肝斑の状態で光治療やレーザーによるシミ治療を行おうとすると、メラノサイトが刺激によってさらに活性化してしまい、より色素が増えてしまうという状況になる事から、従来の治療法では肝斑に対応する事が困難でした。

肝斑が悪化

それを解決したのが「レーザートーニング」です。 レーザートーニングは、従来のレーザー照射と比べて非常に短い時間での照射を繰り返し行うという方法で、レーザーの熱刺激がメラノサイトに届かないように治療を行う事が可能であることから、肝斑の治療を可能としました。

浅い層のメラニンを除去するレーザートーニング

光治療・フォトフェイシャル

レーザートーニングは非常に短い時間のレーザー照射を繰り返す事で、肌の浅い層にあるメラニン色素を効果的に除去していく事が可能です。
肌への刺激が少ないため、治療範囲も広範囲での対応が可能で、レーザーの強いエネルギーによってメラニンの除去や毛穴トラブルのケアなどが期待できます。

レーザートーニング

ケミカルピーリング・マクロピール

ケミカルピーリングやマクロピールといった方法で古い角質を除去するケアも、くすみの解消に効果を発揮します。
ピーリングは主に角層を薬剤等によって除去する事で肌代謝を促して新しい肌への入れ替えを進めていく治療法ですが、ターンオーバーの遅れなどによって内部にメラニン色素が蓄積された肌の代謝を促す事で、くすみを改善していくことが可能です。

ケミカルピーリング マクロピール

イオン導入・エレクトロポレーション

美容成分をイオン化して浸透させるイオン導入や、電荷の働きで肌内部への浸透をたかめるエレクトロポレーションで、メラニン色素の無色化や抑制を行う成分を浸透させる治療も、シミやくすみの解消に効果を発揮します。
浸透をよくするため、ケミカルピーリングなどとの組み合わせで行う事がおすすめです。

イオン導入

美肌注射・美容点滴

高い抗酸化作用を持つグルタチオン注射や高濃度ビタミンC注射などの美容注射・点滴も、紫外線ダメージを軽減してメラニン生成を抑制しつつ、肌のコンディションを改善して全体のトーンアップを目指す治療として有効です。

白玉点滴 高濃度ビタミンC

肝斑徹底治療プログラム(院内ケア+内服薬)

肝斑は何らかの刺激によってメラニン色素が過剰に作られやすくなる事が原因の症状であるため、根本的な治療法としては「メラニンの生成を抑制する」という事が必要になります。
メラニン生成を抑える方法としては「トラネキサム酸」をはじめとした内服薬の服用があり、一定期間継続して服用を行う事でメラニンの生成を抑えて肝斑を解消していくことができます。

ただし、現実的には新しいメラニンの生成を抑えても、これまでに作られたメラニンの排出を促進しなければ色素がそのまま残り続けてしまうケースも多く、城本クリニックでは内服薬の処方と同時に、レーザートーニングやピーリング、イオン導入によって肌に刺激が加わる事を防ぎつつ、しっかりと肝斑を解消していく徹底治療プログラムをご用意しております。
肝斑は体の内側と外側、そしてクリニックケアとホームケアの両面からケアしていく事が、早期解消のポイントとなりますので、お悩みの方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

肝斑徹底治療プログラム

代表的なレーザー機器

しみ・そばかすのよくある質問

しみ・そばかすの除去にはどのような治療が効果的ですか?
数個の治療であれば、ピンポイントでレーザーをあて除去します。広い範囲にあるしみやそばかすには光治療(フォトフェイシャル、フォトRF、Eライト、E-max、ePlus、M22)が効果的です。
しみ・そばかすは1回できれいになりますか?
症状によって異なります。1回で取れる場合もありますが、数回の治療で徐々に薄くしていく場合もありますので、回数の目安は医師のカウンセリングでご案内します。
しみ・そばかすの治療後の日常生活に制限はありますか?
光治療(フォトフェイシャル、フォトRF、Eライト、E-max、ePlus、M22)は、当日からお化粧もでき、生活の制限はありません。レーザー治療の場合は、数日創部に肌色のテープを貼り、紫外線や雑菌から保護していただきます。その間、洗顔や入浴も普通にしていただけます。お化粧もテープの上からできます。
しみ、そばかす除去の治療時間はどれくらいですか?
ピンポイントでのレーザー治療の場合には1か所5~10分程度です。お顔全体に光をあてる光治療(フォトフェイシャルやフォトRF、Eライト、E-max、ePlus、M22)の場合は1時間程度です。
併用するといい治療はありますか?
ビタミンCやプラセンタなどのイオン導入や、各種美容注射点滴などもおすすめです。また、ホームケア用として基礎化粧品やお薬もご用意していますので、症状やご希望に応じてご案内します。
施術内容から探す 悩み・症状から探す
  • ブランエス
  • AGEsセンサ

SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など

機械による治療を行う場合、一時的な赤み、照射箇所のほてりがありますが、治療後すぐにお冷やしをしますので、お帰りの際にはほとんどの方が落ち着かれています。

治療後は一時的に、お肌が敏感になり、乾燥しやすい状態になったり、日焼けをしやすい状態になるので、十分な保湿と日焼け対策をして頂くようにお願いします。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科