城本诊所国际版韓国語英語

城本クリニックの美容外科

城本クリニックの美容外科CHAPTER 4美容外科について
本当のことが知りたい

本書は1999年に書かれたものですので、年号表記や現在の治療内容等が異なる場合があります。

城本クリニックの美容外科 美容外科最前線
発行:株式会社千早書房(1999年3月4日)

「それでもこれが心配」編

美容外科の手術は本当に安全ですか?

麻酔の技術をはじめ、さまざまな医療技術が進歩している現在、手術の安全性はかなり高いものと言えるでしょう。だからといって、美容外科の手術をエステテイックや化粧の延長のようにあまりにも安易に考えるのは間違っています。

体にメスを入れるわけですから、腫れや傷跡などのことも含め、十分納得のいくまでカウンセリングを受けることが必要です。とはいえ、過度に恐れる必要はまったくありません。なによりもしっかりとした技術を持つ、誠意のある診療を行う医師を選ぶことが肝心です。

雑誌などを見ると、大手のクリニックの方が安心できるような気がしますが…

大手とは、すなわち宣伝が多いところということになります。雑誌の広告に惑わされてはいけません。美容外科の手術は、あくまでも信頼できる一人の医師に出会うことから始まります。

チェーン店でも一人でやっている小さな医院でも、手術をするのはその担当医です。その医師が技術があるか、信頼に足るかどうか見分けるのは難しいことですが、この本を読んで十分知識を蓄えたうえで、自分の目で見て、耳で聞いて確かめるのが一番です。

大手のクリニックの中には宣伝を大々的に行って広く患者を集め、数をこなして儲けようという営利主義のところもあるでしょう。そのあたりをきちんと把握して美容外科のことを考えてください。

自分の思いどおりの姿形になれるでしょうか?

クリニックにタレントの写真を持ってきて、こんな目にしてくださいとか、こんな鼻にしてくださいという人がいます。こんなふうになりたいというイメージは十分伝わって来ますが、注文には応えられません。もし、気軽に「大丈夫ですよ。任せてください」と言う医師がいたら、反対に誠意を疑います。

人はそれぞれの顔の形や骨格、各パーツのバランスが違いますから、そのタレントと同じ目にしても、それが、その人に合うかどうかは疑問です。

また、これとは逆に、漠然と美しくなりたいと言われるのも困ります。後悔しないためにも、目なら「すっきりした二重にしたい」とか、具体的にどうしたいのかを正しく医師に伝えることが治療の第一歩なのです。あなたの言葉でいいのですから、思うように話してください。

信頼できる医師の見分け方があるのでしょうか?

医師の技術の差は確かにあります。そして美容外科においては結果がすべてであるだけに、医師の選択は最も慎重に行いたいものです。

認定医制度というものもありますが、美容外科の場合にはまったく意味がありません。学会が二つもあり、それぞれが勝手に自分たちでお互いを認定し合っているのが現状です。もちろんこれらの中には優秀な医師も多くいますが、認定医というだけで信用するのは考えものです。専門家の間でもこの資格はまったく評価されていません。

最新の○○治療、クイック○○法などは従来の手術法と違うのですか?

基本的には従来の手術法となんら変わりません。個人個人の医師が、手術に置いて様々な工夫をすることは当たり前のことです。

実質に関係ない意味のない言葉で、一般の人を惑わしているのですから、悪質です。言葉に惑わされることなく、手術の方法やリスクの説明を受け、納得のうえで受けることが大切でしょう。

費用はどれくらいかかるでしょうか? 保険はききますか?

美容外科の治療は病気の治療ではないため、ほとんどの治療が保険は適用されません。かかる費用も治療の内容、病院によってさまざまです。複数の病院を訪ねて相談して見てはいかがでしょうか。美容外科では、安いのはよくないのではと考える患者さんもいて、不当に高額な治療費を請求しているクリニックは広告量が多いと考えて間違いがありません。

手術の内容と料金は必ずしも比例しないことを念頭においておいてください。また、地域によっても値段は異なることが多いようです。いずれにしても費用に関しては十分に納得がいってから、治療を受けるようにしてください。

費用はローンや、カードで支払うことはできますか?

ローンなどの相談に乗る病院や、クレジットカードが使える病院ももちろんあります。しかし、美容外科の手術はそれほど、緊急を要するものでないことが多いので、できればお金の用意をしてから、手術に臨んだ方が、気分的にも余裕を持てるのではないでしょうか。とはいえ、それもケースバイケースです。決心したら一刻も早く治療したいと願う場合もあるでしょう。アザの治療などはその部類に入るかもしれません。また、ワキガの手術や豊胸などは、肌を出す夏場には完治していたいというような希望もあるかと思います。そんなときはローンなどを利用するとよいでしょう。

手術を断られることもありますか?

美容外科の手術は手軽なものもありますが、やってほしいという希望があれば、簡単に行えばいいものだと誤解してほしくありません。手術をするということは、健康な体にメスを入れることになります。後戻りはできません。そのために、幾重にもハードルを設けて、手術をする必要性をお互いに十分に認識してから行うべきだと考えます。

実際にクリニックを訪れる方の中には、手術など必要のないほど美しい人もいます。ところが本人は「自分はここが醜いので治してください」と病的に思いこんでいる場合があるのです。そうかと思えば、医師から「あなたは手術の必要がありません」と直接言ってもらいたいと願っている人もいます。そんな場合もあることから、手術をして欲しいと言う患者さんの声にすべて応えるわけではないのです。

患者の言葉だけをうのみして、すぐにでも予約を取るような医師がいるとしたら、その医師の態度こそ問題です。すぐにでもキャンセルして早々に退出した方が賢明かもしれません。

また、体質的に問題があったり、現在病気にかかっている人は基本的には手術できませんが、手術の内容や部位によっては可能な場合もあります。とくに次に該当するような人は十分医師と話し合ってください。いずれにしても既往症などについては正直に医師に述べることが必要です。

  • 血友病のような血液に凝固障害がある人
  • 肝臓病の人
  • 薬などに対してアレルギーのある人
  • 貧血症の人
  • 心臓病の人
  • 高血圧の人
  • 非凝固剤を服用している人
  • 糖尿病の人
  • 妊娠中の人
  • ケロイド体質の人
  • 肥厚性はん痕を作りやすい体質の人
  • ピルや女性ホルモンを服用している人
未成年でも手術はできますか?

美容外科手術では、基本的には保証人や保護者は必要ありません。しかし、患者さんが未成年の場合には、保護者の同伴や保証人が必要となります。一般には未成年者は、体の成長がストップするまでは手術は避けた方がよいでしょう。あざやホクロのレーザー治療などでも、適切な年齢というものがあります。医師に相談をすることをおすすめします。

入院が必要な手術もありますか?

ほとんどの手術で入院は必要ありません。日本では諸外国に比べ、すぐに入院ということが言われますが、医療技術が発達してきたため、入院治療の必要な場合は減ってきました。

手術後もクリニックに通わねばなりませんか?

ごく簡単な手術で通院不要というものもありますが、一般には抜糸がある場合は当然、再び訪れなくてはなりませんが、そうでなくても、感染症などの恐れがあるため、傷が落ち着くまでの三か月くらいまでは定期的に通院して、医師のチェックを受けるのが原則です。このアフターケアの善し悪しで結果が決まると思い、問題がなくても億劫がらずに、医師の指示に従いましょう。

手術後に落ち込むようなことはありませんか?

受けたことを後悔し、磴かにそういう状態に陥る方もいます。しかし、手術を受けたら、そのことをポジティブに受け止めてください。晴れ晴れした気持ちで社会復帰していただきたいと思っています。そのためにも、自分の周りの人、家族や恋人、親しい友人などには最初から隠さないで、堂々と宣言しておくのがベストな選択です。

手術に迷ったら、直前でもキャンセルできますか?

もちろんできます。自分の気持ちの中で整理ができていないのに手術に踏み切ると、後悔する確率はとても高くなります。病気と違って、手遅れということがないのですから、迷ったら、手術台からでも降りるくらいの勇気を持って決断してください。もちろん手術の準備のためには医師をはじめスタッフなど、多くの人の手が掛かっていますが、自分の一生の問題ですから、気にする必要はありません。私たちは当然、そういうこともあり得ると考えていますから。

二重瞼の手術をしたクリニックで、希望していないのに別の手術を勧められたが…。

希望していないのに、次々と手術を勧めるような医者は要注意です。もちろん、全体のバランスを見た場合、別の手術が必要になることも確かにあります。そういう場合には医師の態度を見極めることが大切です。

あくまでも強引に勧めるようなら、別のクリニックに相談することをお勧めします。

美容外科手術に向いていない性格ってあるの?

向いていない性格というものを定義することはできませんが、次にあげるような人は、手術を受けない方がいいのでは、とアドバイスしています。

  • 日常の失敗や不遇を容姿のせいだけにしている人。
  • 美容外科の手術でどんなことが行われるか知らず、結果だけに関心のある人
  • 手術をしたら、すべてバラ色の人生になると幻想を抱いている人
  • ただ、漠然と美しくなりたいと思っている人
  • 時間的にゆとりのない人
  • 経済的にゆとりのない人
  • 他人の意見に流されやすく、はっきりとNOの言えない人
  • 細かいことがいちいち気になる人
  • どんなふうにも容姿を変えられると信じている人
  • よく考えずに行動し、すぐに後悔する人
カウンセリングの医師と執刀医師が違う場合にはどうする?

執刀医が複数のクリニックでは、カウンセリングの医師と、執刀医が違う場合もあり得ます。美容外科の中にもさまざまな手術があり、専門とする医師がいる場合、カウンセリングの医師と執刀医が違うことになります。つまり、より熟練した医師の担当手術となり、患者さんは安心できます。しかし、異なる場合には手術前に、執刀医と必ず話し合う機会を必ず設けてください。

執刀する医師から直接、手術の説明や術後の経過、注意点など、十分納得のいくまで話し合う必要があります。

そのうえで、納得できなければ、キャンセルする意志表示をしてください。

決断がつきません、カウンセリングだけでも受けたいのですが…。

もちろん歓迎します。実際に治療を受けるに際しても、納得のいくまでカウンセリングを受けるのが一番です。その重要性を鎧視しているクリニックや医師はこちらからお断りしましょう。また、とにかく早く治療に入るよう勧める医師も要注意です。

治療の途中や術後のケアの期間に担当医師が代わることもありますか?

もちろんそういう可能性もありますが、長期間かかりそうな治療のときには、カウンセリングのときに、その可能性を問いただしておく必要があります。すべてを把握した医師が、術後のケアまで含めて、一貫して見守ることが最もよい結果を導くとは限りません。セカンドオピニオンという考えがあるように、一人の医師の独断よりも他の医師の客観的な意見が必要になる場合もあります。

治療による年齢制限はありますか?

手術が受けられる体力があれば、ほとんどの手術は可能ですが、脂肪吸引などで、皮膚に張りがなくなっている場合には、脂肪切除手術などと同じような効果が得られる手術に切り換える必要がある場合もあるでしょう。個々のケースによって異なりますので、専門医に相談してください。

美容外科の分野は、シワ取り手術に見られるように、高齢化社会に対応して、発展していくと考えられます。これから、ますます高齢者の方のニーズにあった、手術法なども開発されていくと信じています。

美容外科で手術をしたところは年を取ると不自然になると聞いたのですが…

2,30年前に行われた隆鼻術などの手術には、そのようなこともあったと聞いています。しかし、手術法の確定した現在では年を取っても、その部分だけがいつまでも若々しく不自然に見えるということはありません。他の皮膚と同じように老化していきます。

フェイスリフトも手術を行った時点では、若返りますが、その時点からはまた、同じように老化が進みシワが徐々にできてきます。また、その方が不自然ではありません。豊胸手術にしても同じことが言えます。生食バッグは、脂肪や筋肉の下に入っているので、皮膚の表面がそこだけ、張りを持って見えるということはありません。

現在の美容外科のコンセプトは、あくまでもナチュラルに見えるということです。手術をした時点から、また新しい自分がスタートすると思ってください。

手術後の腫れが心配、いつから人に会えるのでしょうか?

二重瞼の埋没法の手術なら、腫れはほとんどありません。手術後10分程度、冷やしているだけですぐに帰宅できます。もちろんその時占で、人に会っても手術のことは気づかれないほどです。

鼻の手術は個人差もありますが、腫れは2,3日は続きます。場合によっては目の周囲まで腫れが広がることもありますが、腫れはいずれ収まるものです。化膿止めや炎症止めとして処方された薬を、医師の定めた通りにきちんと服用していれば、問題はありません。

脂肪吸引や、顔面形成、豊胸手術などでは、腫れは1週間ほど続きます。

ピルを服用していますが、手術のときにはどうしたらよいでしょう?

一般的には関係ありませんが、大きな手術になりますと、ピルや女性ホルモン剤を服用している人は、服用をやめてから10日ほど後でなければ、手術できません。ピルやホルモン剤は副作用として、出血を増加させる働きをするからです。

手術の前に注意することはどんなことですか?

まず、体のコンディションを整えておくことが肝心です。十分睡眠を取って寝不足などのないようにし、疲労を体に残さないようにしなければなりません。寝不足や疲労があると、緊張も伴って、麻酔が効きにくくなることがあります。

胃の中を空の状態にしておくために、前日や朝の食事を制限することもあります。

また、術後しばらく入浴できないこともありますから、入浴は済ませておいた方がよいでしょう。

手術は痛くないですか?

美容外科の手術では、どんな場合でも手術に適しか麻酔をかけますから、痛みに関して心配することはありません。

手術の結果が気に入らないときは元の状態に戻せますか?

自分が描いていたイメージと違っていたり、自分は納得したものの、家族や恋人に反対され、元に戻して欲しいというケースがないわけではありません。埋没法による二重瞼やシリコンプロテーゼを挿入した隆鼻術などは、比較的簡単に元に戻すことができますが、あごの手術のように骨を削ったりしたものは再生は難しいと思ってください。

せっかく手術までして手に入れた新しい自分です。そんな後悔がないようにするためにも、十分なカウンセリングが必要となるのです。

術後のアフターケアは万全でしょうか?

手術の後は、必要に応じて、検診などを行います。

手術によっては一定期間、腫れたり、内出血を伴ったりして痛みや不快な症状に悩まされます。それもしばらくのことですが、このとき、カウンセリングで十分な説明がなされていなかったり、患者さんが上の空で聞いていたりすると、トラブルだと思いこみ、他の病院へ駆け込んだりすることも起こります。カウンセリング時にアフターケアについても十分に質問しておきましょう。

美容外科で手術を受けたことは絶対に知られたくありません。クリニックにおける患者のプライバシーはどうなっているのでしょうか?

もちろん、手術を受けてきれいになったことは、他人に知られたくないものです。実際には、手術を受けたことを知っているのは、本人とクリニックの医師、看護婦だけということになります。

医師や看護婦から外部に情報が漏れるのではないか、という恐れを抱いている患者さんは確かにいます。カウンセリングでそのことを心配している方もいました。

しかし、医師や看護婦は、法律で仕事上知り得た情報を他に漏らしてはいけないと規定されています。これを守秘義務といいます。

医学の父といわれるギリシャのヒポクラテスの誓いの中にもこの守秘義務はあります。それほど、私たち医療関係者は固く守るよう戒めていることがらの一つなのですから、安心していただいてよいと思います。

「こんなことで悩んでいます」編

今から20年以上前のやけどですが、小さなケロイド状になっています。古い傷跡でもきれいにすることは可能ですか?

通常はケロイドの治療には皮膚移植などの方法を取りますが、直径三センチ程度なら、二回に分けて切除する方がきれいに治ります。移植は別の場所から皮膚を持ってくるため、どうしても色の違いなどが生じます。狭い範囲なら切除だけですみます。

ひたいに昔からホクロがあります。顔相的に取らない方がいいと言われてきましたが、年々大きくなっているような気がします。取った方がよいでしょうか?

ホクロは年齢を重ねるほどに大きくなるものです。特に顔にある場合、男性ならひげ剃りの刺激や、女性なら化粧によって刺激が加えられるため、なるべく小さなうちに取ることをお勧めします。

むだ毛に悩んでいますが、美容外科とエステと脱毛の違いは?

本来、永久脱毛というのは、医師にしかできない治療です。エステなどで行われているのは、名義貸しなど、違法性のあるものです。電気針を使う脱毛はもちろん、レーザーによる脱毛も医師にしか許されていません。

医師が行うにしても、皮膚に傷跡を残さず、それほどの痛みも感じさせずに、ちゃんと脱毛するには、治療器具に精通した医師によらねばなりません。

現在、生後四か月の女の子です。鼻の付け根あたりに、直径」センチほどの「いちご状血管腫」があります。皮膚科で相談したら、小学校前には消えるから心配はいらない。レーザー治療も可能だが、傷跡が心配と言われました…。

女の子ですから、できるだけ早く取ってやりたいというお母さんの気持ちはわかりますが、「いちご状血管腫」とわかっている以上、成長すれば必ず消えるものですから、皮膚科の医師が言うように今は静観した方がよいでしょう

ただ、血管腫の赤みが消えた後、傷跡のようにはん痕が残る場合があります。そのような場合には、はん痕の形成手術が必要となります。

また、問題なのは、同じような見かけを持った血管腫で、海綿状血管腫というものがあります。これはいちご状血管腫によく似ていますが、将来も消える可能性はないので、手術をして取り除いてしまう必要があります。

その場合には信頼できる医師に相談されることをお勧めします。手術の時期ですが、幼児の頃は麻酔の安全性も確保できませんし、万が一、海面上血管腫と思っていたものが、いちご状血管腫である可能性も捨てきれないので、やはり、小学校に上がる前くらいが適切でしょう。この時期なら、心理的な負担もまだ、軽くすみます。

大きく囗を開いで笑うと、まくれ上がり、囗の中の粘膜が見えるようになって、まるで馬のようだとからかわれることがあります。手術で治るのでしょうか?

あなたのような唇の変形はガミースマイルといって、笑ったときによく見られるものです。西洋人の間では嫌われる顔つきとされています。

手術はさほど難しくなく、外来で手術可能です。唇を上に引っ張る筋肉が強すぎるのです。これを弱めるために、筋肉を切り、同時にあまった粘膜も切除します。

入院の必要もなく、于術後間もなくでも、物を噛んだり、食べたりするのに支障はありません。

美容外科で出ベソを直す患者さんもいますか?

もちろん出ベソ(済突出症)の患者さんも訪れます。男女を問わず、年頃になると友人同士で旅行に行く機会が増えます。そんなとき、自分のヘソの形が気になるようになります。また最近ではヘソを出すファッションが流行しているので、形よくしたいという人が増え、美容外科ではとてもポピュラーな手術になっています。

手術は出っ張っている部分を切除して、縫合するだけの簡単なものです。三週間ほど圧迫する必要がある場合もありますが、それほどたいへんなことではありません。傷はへそのシワに紛れてわからなくなります。

シワ取り手術に興眛がありますが、大きく引っ張るフェイスリフトを受ける自信がありません。とりあえず、目尻のガラスの足跡だけでも消したいと思うのですが…

目尻のシワは女性の気になるところです。シワが軽い場合には、コラーゲンの注入だけで、気にならないようになります。

カラスの足跡よりも進んで、目尻が下がってしまっているようなときには、目尻をリフトアップすることが可能です。

こめかみの生え際から、奥にニセンチくらいの場所を切開し、部分的にリフトして縫合します。

フェイスリフトほど大げさではないので、抵抗感も少なくてすむと思います。

目が小さいと言われます。すっきりした切れ長の目にできますか?

おそらく蒙古ひだが残っているせいだと思われます。目と目が離れて見えたり、小さい人は、目頭の蒙古ひだを切除し、縫合する方法を勧めます。手術時間は30分ほどで、1週間もすれば、傷をメイクでカバーすることもできるようになり、1か月ほどで、完治します。

また、切れ長の目をつくるには目尻を切開する方法もあります。両方を併用することももちろん可能です。

つり目、タレ目も直せますか?

つり目もタレ目も適度なら、チャームポイントにもなるのですが、すぎると、怖い印象を与えたり、少しぬけたような印象を与えたりと、対人関係で不利を被ることがあります。

二重瞼の手術のように、目のひだの幅を変えるだけで、つり目やタレ目の印象はずいぶんと変わります。

レーザー治療に興眛がありますが、レーザー治療は本当に痛くないのですか?頬にあるシミを取りたいと思っていますが、目の近くなので、それも気になります。

痛みを恐れて治療をためらう気持ちはわかりますが、レーザー治療の場合の痛みはわずかなもので、輪ゴムでパチンと弾いたくらいだと思ってください。レーザー治療の特長の一つが、患者さんへの負担の軽さなのです。

また、目に対する不安があることも承知しています。治療中はゴーグルをかけて目を守ります。質問のように、目の近くの治療の場合は、ゴーグルを使えませんから、専用のコンタクトレンズを着用してもらいます。完全にレーザーから目を守るようにつくられたものですから、まったく心配はいりません。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科