中文网站韓国語英語

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなることで、まぶたが下がって目を開けにくくなる状態を言います。

眼瞼には、眼球を損傷や乾燥から防ぐ役割があり、特に上眼瞼には目を開けるための筋肉(眼瞼挙筋)と目を閉じるための筋肉(眼輪筋)があり、両者のバランスのとれた働きによって眼球が保護されています。ところが、眼瞼挙筋の働きが悪くなると上眼瞼が上がらず、上下の眼瞼の幅が狭くなります。このような状態を眼瞼下垂と言うのです。

眼瞼下垂

生まれた時から眼瞼拳筋の発達が悪い先天性眼瞼下垂の他、最近では加齢とともに起こる老人性下垂、白内障などの目の手術後、コンタクトレンズを10年以上使っている人にも起こるようです。

また、目を開けるための筋肉(眼瞼挙筋)が弱った状態を補うために、目を開ける際に額の筋肉を使い、額にシワが刻まれてしまったり、まぶたの皮膚がたるんで下がることで視界がさえぎられ(皮膚弛緩症)、上方が見えにくいためにあごを上げて物を見るようになり、肩凝りや頭痛が起こったり、弱視の原因にもつながるなど、眼瞼下垂の症状はさまざまです。

  • 眉毛がつり上がり、おでこが疲れる
  • 二重の幅が広くなり、ときに三重になる
  • まぶたがくぼみ奥目になる
  • 下を見ていると眠たくなる

眼瞼下垂の手術は、眼瞼挙筋を縫縮する方法が一般的ですが、城本クリニックでは、最近になって注目されてきた腱膜性眼瞼下垂についての手術も行っています。

CONSULTATION 腱膜性眼瞼下垂

西洋人と東洋人の上眼瞼は解剖学的に異なり、東洋人の眼瞼は厚く重いため、年齢を重ねるにつれて眼瞼挙筋の腱や眼窩隔膜の瞼板への付着が徐々に外れていき、ゆるんだ分を無意識ながら努力してまぶたを持ち上げることになります。このことによって交感神経の興奮が促され、頭痛や肩こり、不眠などの原因となります。

手術によって外れた腱膜を、再び良い位置(その人に合ったより良い位置)に付着させることで解消できます。また、眠たげな印象を与える眼瞼下垂(半開きのような眼)も改善し、大きくパッチリ開いた目となります。

腱膜性眼瞼下垂 二重の方

腱膜性眼瞼下垂 一重の方

眼窩隔膜、挙筋が瞼板から外れていくにしたがい、開瞼時のミューラー筋の収縮が大きくなります。このミューラー筋には、交感神経(頭部からの)が分布し、これがさまざまな愁訴を引き起こすと言われています。手術によって、ミューラー筋が「休め」状態となるので愁訴が解消されます。

腱膜性眼瞼下垂は、目の開きが小さい人に適した手術です。

CONSULTATION 第105回美容外科学会における、
長掌筋腱を用いた眼瞼下垂の手術に関する発表

中川剛医師による眼瞼下垂術

眼瞼下垂とは


中川 剛 医師

眼瞼下垂とは、眼瞼(まぶた)が下がって目を開けにくくなる状態を言います。
上眼瞼(うわまぶた)には瞼板という軟骨の板があり、これを眼瞼挙筋という筋肉が引き上げる事で目を開いています。

眼瞼挙筋と瞼板を繋いでいるのが、膜状の腱で、挙筋腱膜と言います。
眼瞼挙筋は動眼神経という神経によって動かされていますが、この【動眼神経→眼瞼挙筋→挙筋腱膜】という瞼を開く仕組みのどこかに異常が生じ、瞼が上がらず目を開きにくくなるのが眼瞼下垂です。
(加齢などにより瞼の皮膚が弛み、目を開きにくくなる状態は【上眼瞼皮膚弛緩症】と言い、眼瞼下垂とは区別されます。)

眼瞼下垂を発症すると、見た目の印象が悪いだけでなく、視野も狭まります。
また、目の開きを維持するために、おでこの筋肉(前頭筋)に力を入れ、瞼を持ち上げることになるため、頭痛や肩凝りに悩まされることになります。

眼瞼下垂の原因による分類

前述の【動眼神経→眼瞼挙筋→挙筋腱膜】のどこに障害が有るかに拠って

  • 神経性眼瞼下垂
  • 筋性眼瞼下垂
  • 腱膜性眼瞼下垂

に分類されます(神経性眼瞼下垂と筋性眼瞼下垂は区別できない場合もあります)
このうち、日本人を含む東アジア人種に最も多いのは腱膜性眼瞼下垂で、腱膜が瞼板から外れてしまったり、腱膜自体が薄く伸びてしまうことで発症します。

腱膜性眼瞼下垂に対しては、挙筋腱膜と瞼板の位置を修正する手術が行われます。
状態に応じて様々な手術方法があります。

神経性眼瞼下垂と筋性眼瞼下垂に関しては、内科的・脳外科的な疾患が原因となっている場合があり、その場合はそちらの治療が優先されます。
内科的・脳外科的な疾患が無い場合は手術が行われますが、前頭筋吊り上げ術という特殊な手術が行われます。

眼瞼下垂の発症する時期による分類

  • 先天性眼瞼下垂
  • 後天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂の多くは、前述の神経性または筋性の眼瞼下垂です。
後天性眼瞼下垂の多くは、前述の腱膜性眼瞼下垂です。

1. 腱膜性眼瞼下垂の手術

多くを占める腱膜性眼瞼下垂に対して、3タイプの手術が行われます。

2. 全切開による挙筋腱膜前転法

最も多く行われている手術で、対象となる状態も幅が広く、軽度~重度の眼瞼下垂に加え、正常な開きの瞼を更に大きく開く事も可能です。
同時に皮膚の弛みをとる事も可能です。
通常、全切開法の二重の手術を併用します。ダウンタイムは長いです。

3. 結膜切開による挙筋腱膜前転法

軽度~中等度の眼瞼下垂で、皮膚の弛みを取る必要の無い方に向いた手術です。
正常な開きの瞼を更に大きく開く事も可能です。
同時に二重にする場合、埋没法の二重術が行われます。
ダウンタイムは中ぐらいです。

切らずに糸で留める手術

軽度の眼瞼下垂の方に対する手術です。
正常な開きの方、中等度以上の眼瞼下垂の方には向いていません。
1や2と違い、挙筋腱膜の異常そのものを修復する手術ではなく、ミュラー筋という筋肉だけを縫い縮める手術なので効果は限定的で、長期的には元に戻る可能性が高いです。
同時に二重にする場合、埋没法の二重術が行われます。ダウンタイムは短いです。

先天性(筋性・神経性)眼瞼下垂の手術

当院では筋性・神経性眼瞼下垂に対する手術として、前頭筋吊り上げ術も行っています。
吊り上げ材料として、手首から長掌筋腱を移殖する最新の手術も行われています。

眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂

二重まぶた・目の症例写真はこちら

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科