城本诊所国际版韓国語英語

たれ目形成(下眼瞼下制)

下瞼の縁を下げることで白目と黒目の露出を大きくし、目が大きく見えるようにする治療です。
グラマラスライン、下眼瞼下制術ともいいます。

特に、外側半分の下瞼の縁がまっすぐあがっている場合、その部分を下げて丸いカーブにすることで外側の白目が大きくなり、たれ目になります。

CONSULTATION たれ目形成は、こんな方にオススメ

  • たれ目にして目を大きくみせたい
  • 優しい印象で女子力アップしたい
  • つり目を改善したい
  • 癒し系のフェミニン顔になりたい

CONSULTATION たれ目形成の手術方法

下瞼の内側、外側、また両側を状態に合わせて切開し、余分な皮膚を切除します。
下瞼のラインを下げて丸くカーブを出し縫合します。

たれ目形成の手術方法

治療の流れ

治療(30分~1時間程度)
  • 瞼板下縁の結膜切開
  • 眼輪筋後面の剥離
  • 眼窩隔膜の切開
  • Capusulo-palpebral-fasciaの展開
  • Capusulo-palpebral-fasciaの前転
  • 結膜とCapusulo-palpebral-fasciaの切除・閉創

CONSULTATION たれ目形成(下眼瞼下制)に関するよくある質問

城本クリニックに多く寄せられるご質問を掲載しています。

ダウンタイムの期間、コンタクトなどはどれくらいの期間装着できませんか?
ダウンタイムは抜糸までの約1週間です。その間はコンタクトのご使用をお控え下さい。
埋没したのですが埋没してどれぐらい経てばたれ目形成できますか?
埋没法の術後であれば、1か月経過していれば施術をお受けいただけます。
下まぶたが黒目にかかっていて目が小さく見えます。黒目が全部見えるようになりたいです。
たれ目形成がおすすめできます。黒目が見えるように下まぶたのふちを広げ、目の縦幅を広げる施術方法です。
一重のままで目を大きくする手術はありますか。
ご自分の一重を変えずに目を大きくする方法は、下まぶたのふちを広げるたれ目形成や、目の横幅を大きくする目頭切開、目尻切開などの施術があります。
たれ目形成と二重の施術は同時に受けることは可能ですか。
たれ目形成と埋没法、たれ目形成と二重切開法は、いずれも同時にお受けいただけます。
下まぶたの逆さまつげを直すことはできますか。
たれ目形成というご手術で下まぶたの逆さまつげを改善することができます。下まぶたのふちを広げ、まぶたが眼球に当たらないよう施術します。
たれ目形成と目尻切開の違いは何ですか
たれ目形成は、下まぶたのふちを広げ、たれ目を形成する施術です。目尻切開は、目尻側から目の横幅を広げる施術となります。元々の目のかたちと、どのような目元になりたいかによって適した術式をご案内します。
目が小さく、白目が見えている面積が少なく悩んでいます。改善する方法はありますか。
二重施術で上まぶたの縦幅を広げ、下眼瞼下制で下まぶたの縦幅を広げることができます。黒目がしっかりとみえるようにまぶたの幅が広がり、白目と黒目のバランスや、目のかたちのバランス良く目を大きくすることができます。
目がきつい印象でコンプレックスを感じています。優しい目元になりたいです。
つり目を改善する方法として、たれ目形成がおすすめです。目尻を下げ、下まぶたのふちを広げることでお目元に優しい印象を持たせることができます。

二重まぶた・目の症例写真はこちら

SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など

手術をすることで腫れが発生します。

内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。

手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科