城本诊所国际版韓国語英語

切開法・部分(マイクロ)切開法

切開法・部分(マイクロ)切開法

埋没法が、糸によって二重のラインの皮膚の折れ込みを作っているのに対して、切開法は天然の二重の方に近い瞼の内部構造の作り直しをして、半永久的な二重瞼を作る方法です。
瞼が脂肪でぶ厚いケース、皮膚のたるみが多いケース、眼瞼下垂で瞼が下がっているケース、まつげが下向きというケースなど、幅広い状況に対応した治療が可能です。

切って縫うだけの二重切開法はすぐ取れてしまいますので、メスを入れるからにはきちんと工夫を凝らす必要があります。しっかりとした切開法を行うことで、埋没では成し得なかった、睫毛がしっかりと上がり、皮膚のたるみや脂肪の厚ぼったさを解消した理想的な二重を作ることが出来ます。

切開法の弱点は傷が残ることです。
実際、「目を閉じた際に傷跡が見えるのではないか?」、「手術跡が目立つのが心配だ」とのお声を伺う事があります。切開法では傷を目立たなくさせるため、二重のラインに傷跡を一致させます。二重のラインの部分の皮膚には、生まれつき二重の方でも、目を閉じるとうっすらとラインが入っています。ですので、目を閉じたときに治療を受けた傷跡が目立つことはあまりありません。

切開法で安定した永久的な二重に

切開法は、ダウンタイムが埋没法より長い代わりに、内部から天然の二重に似かよった構造に作り替えられるメリットがあります。これにより、取れることの少ないしっかりとした二重が出来ます。
そのため、埋没法で複数回取れてしまった方や、取れることのない安定した二重にしたいという方にとって、とても有効な施術です。

カウンセリングでは何をするのか

カウンセリングの中で、解剖学的にも無理の無い、自然かつ希望に沿ったラインになるようご希望と現実のすり合わせをしていきつつデザインを設定します。
重要としている事は、患者様がどのような幅や形(ライン)を希望しているかを的確に把握することです。城本クリニックはカウンセラーを置いていません。二重ラインの希望などをしっかりドクターが話し合うためには不要であると考えているからです。

まず患者様の瞼の状態、目の形を確認し、ブジーにて二重のシミュレーションを行います。ですが埋没法と異なり、ブジーシミュレーション通りには切開二重の場合には仕上がりません。その食い込み方やラインの走り方を参考にして現実に作る二重の形のイメージのすり合わせをします。理想の二重の画像などを持ってきていただけると、イメージのすり合わせがスムーズです。

片側が二重で片側が一重や奥二重であるといった場合などには、片目のみの施術も可能です。患者様一人一人のご希望をしっかり伺うためのカウンセリングです。

施術の内容

切開法は、二重の折れ込み部分でメスを入れ、半永久的な二重を作成する方法です。
切開する長さで全切開法と部分切開法(ミニ・マイクロ切開)とに分かれます。
前者は皮膚のたるみを切り取ることができるのが長所で、後者は傷が小さく済むのが長所です。

全切開法

全切開法は瞼の内側から外側までほぼ全長に渡って皮膚切開をする二重切開方法です。三日月状に皮膚切開をデザインすれば瞼の皮膚のたるみを取ることが可能です。しっかりとした術野展開が出来ることから、二重の食い込みや目つきの矯正などの多くのパラメータの調整が出来ることが長所です。

症例写真

施術の内容
二重全切開法は、皮膚を切開し、余分な脂肪を取り、そこで縫い合わせることで、ひだができるようにします。二重が一重に戻ることはありませんし、脂肪や皮膚のたるみを取ることができます。250,000円(当時の価格で現在とは異なる場合があります)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

症例写真

施術の内容
二重全切開法は、皮膚を切開し、余分な脂肪を取り、そこで縫い合わせることで、ひだができるようにします。二重が一重に戻ることはありませんし、脂肪や皮膚のたるみを取ることができます。250,000円(当時の価格で現在とは異なる場合があります)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

症例写真

施術の内容
二重全切開法は、皮膚を切開し、余分な脂肪を取り、そこで縫い合わせることで、ひだができるようにします。二重が一重に戻ることはありませんし、脂肪や皮膚のたるみを取ることができます。250,000円(当時の価格で現在とは異なる場合があります)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

切開法二重術の症例写真はこちら

CONSULTATION 部分切開法(ミニ・マイクロ切開法)

このような方におススメです!

マイクロ切開法

  • 一重まぶたを二重にしたい
  • 二重の幅を広げたい
  • 埋没法では、治療が難しいと判断された

部分切開法は、まぶたを小範囲切開し、縫い合わせたラインを二重にする治療です。
マイクロ切開法の場合は、皮膚の切除は行いません。ですので、もともと一重で皮膚の厚みが強い方や目元に余剰皮膚が多い方に関しては、マイクロ切開法では、きれいな二重のラインを作ることが困難です。その場合は、全切開で二重にした方がきれいなラインになりやすいです。

これらの埋没法の種類を診察所見と患者様のご希望に合わせて、担当医が最も良い方法を提案させていただきます。細かい術式の違いなど、ご不明点があれば、ぜひカウンセリング時に担当医にご確認ください。

CONSULTATION 二重切開法の長所と短所

埋没法と比べた長所と短所は次の通りです。

ADVANTAGE 長所

  • 01しっかり定着すれば取れない二重が出来上がる。
  • 02脂肪や皮膚のたるみを取ることができる。

DISADVANTAGE 短所

  • 01腫れと内出血が出る(1~2週間程度)
  • 02傷あとが残る。
  • 03一度作った二重まぶたの幅や形の変更は困難。
  • 04手術料金が高い。

切開法で調整できること

二重の幅

瞼の皮膚は頭側から睫毛の際に向かって薄くなっていきます。
折り紙と段ボールを折ることを想像してもらえばわかるように、薄いものの方が、きれいに折れ目がつきます。
もともと瞼が薄い方は、どの高さであってもかなり自由度が高く二重が作れますが、瞼が厚い方や幅広の二重を作りたい方では、しっかりとした二重の折れ込みを作るためには埋没では力不足の場合があります。その場合は切開によるしっかりとした二重づくりが必要不可欠です。

理想的な二重幅とは?

二重の幅は、睫毛の際から二重ラインの折れ返しまでの距離が6~8㎜程度が適しているとされています。目を開いたときに睫毛の先までピンと持ち上がる機能的に優れた瞼の状態になりやすいのです。
一方で、幅10㎜を超えるとかなり不自然な印象になりやすく、ムチムチとした皮膚のたわみが気になることが多くなります(俗称:ハム目)。二重の幅は切開だから好きなだけ広げられるというものではなく、もともとの肉付き、骨格、蒙古ひだの強さなどで、自然に仕上げられる範囲が変わってきます。

二重のライン

二重の形は大きく分けると平行、末広のどちらかになります。
基本的に日本人では二重が緩やかに蒙古ひだに巻き込まれて末広の二重になります。
つまり蒙古ひだに巻き込まれない様に高い位置で二重切開をするか、蒙古ひだを乗り越える内側まで切開を行うと平行二重が作れます。
違うコンセプトとして、蒙古ひだ自体を緩めてやることで平行二重を作る方法もあります。二重切開と同時、あるいは順を追って行われる事がしばしばあります。
【参照:目頭切開】

皮膚のたるみ

加齢によって上瞼の皮膚にたるみが生じます。そのたるみは下方に垂れ下がっていき、二重の幅を狭くさせます。たるみが重度の場合、二重を完全に隠しきったり、睫毛に覆いかぶさったり、黒目にかぶさったりして目の開きの邪魔になることもあります。
それに対して、皮膚切開の際に上下に幅をつけて三日月状にすることで、上瞼の皮膚のたるみをある程度除去できます。たるんだ皮膚が主に分厚い高い位置の皮膚の場合は眉下切開の方が良い適応となる場合もあります。診察にてどの位置の、どの性状の皮膚が、どれだけたるんでいるか確認することが重要です。

脂肪の厚み

上瞼には隔膜前脂肪(ROOF)と眼窩脂肪(OF)という脂肪があり、それが厚ぼったさの一つの原因となっています。ROOFはベーコンについた脂肪の様に固い薄い脂肪で、OFはもやもやとしたやわらかい脂肪です。ROOFは皮下脂肪の様に外界からのクッション材の役割を、OFは顔面骨に眼球を浮かべておくための梱包材のような役割を果たす脂肪です。
年を取ることで増えたり、減ったりなどの変化が見込まれるので無計画な/必要以上の切除は厳に慎むべきです。ですが、整容的な改善に必要な場合は、適量の切除をすることで瞼の厚ぼったさを軽減することが出来ます。

上瞼の窪み

OFは加齢によって減ることが多く、それに合わせて窪みが目立ってしまう場合があります。ヒアルロン酸などの注入剤でボリューム不足を補填させることも可能ですが、もともとのOFとの性状の違いがしばしば気になることがあります。
瞼の開きが悪い場合は、それを改善させることで窪み感が緩和することがあります。
【参照:眼瞼下垂】

瞼の開き

加齢によって瞼の開きは悪くなっていきます。
これは多くの場合、瞼を開ける筋肉である『眼瞼挙筋』のパワーを伝える挙筋腱膜という部位が菲薄化し、たるみが生じるためです。この部位の治療は基本的に二重切開の皮膚切開と同じ術野で行うことができるため、必要があれば同時に治療することが可能です。
【参照:眼瞼下垂】

左右差

目は左右一揃いの器官です。
ここまでに触れてきた皮膚のたるみ具合や瞼の開き具合など多くのパラメータによって瞼の印象は構成されています。それらの差を生じさせている項目を、丁寧に一個ずつ調整していくことで左右バランスの良い状態に近づけさせます。

切開すればなりたい二重になれるのか?

二重切開法は埋没法よりも難しい手術方法です。
作りたい二重のラインをブジーで押し込み確認して、そのラインで糸をかければ忠実にシミュレーション通りの二重ができあがる「埋没法」と違い、二重切開では埋没のラインで切開しても必ずしもその通りには仕上がりません。ですので、患者様ごとの瞼の状態の正確な診察を行ったうえで、現実的に作れる瞼かどうかの判断をして、それを実際に手術で作り上げていきます。埋没法とは段違いの経験と技術が執刀医には要求されます。

CONSULTATION 二重切開に関する詳細情報

施術時間 30~60分程度
固定 必要ありません
ダウンタイム 1週間
傷跡 二重のラインに沿います
抜糸 1週間後に抜糸で来院頂きます
持続性 半永久的
洗顔 約2日後から可能です
アイメイク 約1週間後から可能です
シャワー 当日から可能です
入浴 腫れを抑えるため、長時間の入浴はお控えください

他院修正について

しばしば満足いく結果にならなかった他院術後の相談を受けることがあります。
切開法を高いレベルで提供するためには高度な技術と熟練を要します。
城本クリニックは基本的に形成外科・美容外科専門医以上のドクターで構成されており、細かい調整に関してもノウハウを培っており、他院の修正も承っています。
他院で施術を行ったが希望しないデザインに仕上がったため修正したい、加齢とともに変化してきた幅を変えたい、等、さまざまなご要望にお応えできます。お気軽にご相談下さい。

CONSULTATION 切開法に関するよくある質問

城本クリニックに多く寄せられるご質問を掲載しています。

手術時間はどれくらいですか?
30~60分程度です。
腫れや内出血はでますか?
個人差がありますが、腫れは2~3日がピークで、1週間ぐらいかけて徐々に落ち着きます。内出血が引くのは2週間程度が目安です。
術後入院、通院は必要ですか?
日帰りでお帰りいただけます。1週間後に抜糸のために通院が必要です。
痛みはありますか?
手術の際におこなう麻酔の注射が一瞬チクッとする程度です。しっかりと麻酔が効いていれば手術中に痛みを感じることはありません。効きが悪い場合は術中に麻酔の追加をいたしますのでご安心ください。
また、お帰りの際にも痛み止め・腫れ止めのお薬をお出しします。
仕事や日常生活は普段どおりできますか?
腫れや縫合した糸が気にならなければ、翌日からの仕事や外出は問題ありません。
接客業の方は抜糸まではお休みされた方がよいかもしれません。
傷跡は残りますか?
二重切開の場合は、切開したラインがそのまま二重のラインに仕上がってきます。
術直後若干赤みがあるため、目を閉じたところを近くで見ると傷跡は少しわかりますが、時間の経過とともにわからなくなります。
1~2週間ぐらいで落ち着いて、1ヶ月ほどで自然なラインに仕上がります。
お化粧はすぐできますか?
目元以外は可能です。目元のメイクは抜糸までお控えください。
元に戻す事はできますか?
切開法で作った二重ラインの傷跡自体は目立ちにくくはなるものの、完全に消すことはできないため、注意が必要です。
ラインの幅の変更できますか?
切開法の場合、埋没法と違いライン変更は非常に難しいため、あまりお勧めできません。幅を少し広げることは切開線の上の皮膚を少量切り足すことで対応可能です。幅を狭くすることはやや困難のため、基本的には目標ぴったり、あるいはやや狭めの二重を目指して手術を行うべきです。
シャワーや入浴はしても大丈夫ですか?
シャワー浴は翌日から可能ですが、入浴は腫れが引いてからの方が安心です。
何か注意する点はありますか?
抜糸までサウナや激しい運動、飲酒などの血流を活発にする行為はお控えください。
平行型の二重になりますか?
蒙古ヒダがある方は、二重切開法だけでは平行型の二重にはならないことがしばしばあります。 平行型の二重の仕上がりをご希望の方には、目頭切開と二重の手術をご案内しております。

手術のリスク、副作用など

副作用のない手術はありません。
そこを理解することなく手術を受けてしまうと、こんなはずとは思っていなかったと思ってしまうかもしれません。ですので、ここでは稀な合併症も含めてなるべくしっかりと多くの術後合併症などについて記載しています。

これを読み、必要以上に恐れる必要はありません。
実際どのような状態であるかは診察のもとに診断を下し、治療の必要があるかを判断いたします。気になる症状があれば、まずはクリニックにご連絡ください。術後のアフターフォローもしっかり行っていくことが、城本クリニックの特徴の一つです。

出血

術中、あるいは術後の出血で紫色の内出血となる場合があります。
また組織内部の出血は分解・吸収されるときに黄色になることもあります。そしてしばらく後に、重力によって下方へ内出血の位置が移動していくこともあります。長い場合は2週間ほど続くこともありますが基本的に心配はいらず、自然と吸収されていきます。

術後浮腫

手術をすることで腫れが発生します。主に二重幅が広く、目の開きが少し邪魔されるような腫れ方をすることが多いです。手術直後の腫れは注入した麻酔薬の腫れのため数時間で吸収されます。ですが術後数時間ほどから手術の炎症による腫れが出てきます。捻挫した時に、直後ではなくしばらく後から痛みと腫れが出るように、埋没法もしばらく後から腫れが生じます。翌日・翌々日あたりが腫れのピークで、1~2週間でおおむね腫れは引いていきます。

感染

方法にもよりますが、切開二重で感染が生じることは滅多にありません。症状としては赤く腫れる、痛みが出るなどです。抗生剤の内服や、局所の洗浄が基本的な治療法となります。

かぶれ

切開縫合部の周りが赤くかぶれる場合があります。多くの場合傷口からでるジュクジュクした浸出液でかぶれているものであり、傷の治りに少し遅れて引いていきます。治りが遅い場合やかぶれがひどいときはステロイドなどでの治療をする場合があります。

ニキビのようなものができた

皮脂腺(皮膚のあぶらを出す組織)の詰まりによって生じることが多いです。
ニキビ同様潰して治すこともできますが、基本的には温めることで自然と治ります。

二重が取れた

せっかくできた二重がなくなった状態です。埋没法と比較して、格段に取れにくい方法ではありますが、稀に切開法でも二重が取れることがあります。その場合再度同じラインで切りなおし二重がきちんと出来るような内部処理をし直す必要があります。

イメージ違い

埋没法と違い、切開法ではシミュレーション通りにはなりません。
ですので、どうしても術前のイメージのすり合わせが重要になってきます。
概して、狭めの二重の方が結果は安定しており、幅広二重ほどシミュレーションからのズレは大きくなります。術前に打ち合わせて決めた二重とあまりに違いが大きい場合、術後診察の際、担当医に相談してみてください。

ハム目

二重幅部分がぷっくりと膨らみ、かつ二重の折れ込み自体の食い込みが強く、ボンレスハムの様になっている状態を指す俗称です。幅広の二重で生じることが多いため、そもそもハム目になりたくない方は控えめな幅での二重を希望されると回避しやすいです。
なってしまったハム目は、自然軽快は見込みにくいので、基本的には再手術が必要です。

左右差

左右の瞼はそれぞれ独立した、別の手術が行われています。右目と左目で、内出血も腫れもそれぞれ独立していますので、腫れの引き方も同じとは限りません。基本的にはダウンタイムがしっかり終わるまでは経過観察が望ましいです。
明らかな二重幅などの左右差があり、改善が見込める場合は再手術を行います。術後診察の際、担当医に相談してみてください。

傷跡が目立つ、二重の食い込みが強い

傷跡が目立つことがしばしばあります。基本的には二重のラインに沿わせて隠すのが手術のデザインコンセプトです。時間の経過とともに目立ちにくくはなっていきますが、傷跡をゼロにする方法はありません。
時折、不適切な手術操作により傷跡が強く目立つことや、食い込みが強くなってしまっている場合があります。再手術により改善できる場合もありますので、一度診察にいらしてください。

眼瞼下垂

瞼の開きが悪くなった状態です。あまりに生理的でない幅の広い二重にした場合や不適切な操作で挙筋の機能が障害されたとき、想定外の手術の癒着が生じたときに生じます。
症状が強い場合は再手術を検討してください。

ドライアイ、目が乾きやすくなる、目のかすみ、疲れ目

いずれも手術直後数日間程度は出やすい症状です。軽微な症状は長く続くこともありますが、2週間もすればおおよそ軽快していきます。症状が長く続く場合はクリニックにご連絡ください。

文責
城本クリニック豊橋院 院長 中村優

医学博士 / 日本形成外科学会専門医
城本クリニック 指導医
城本クリニック豊橋院 院長 中村優

ブログ Instagram Twitter

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科