城本诊所国际版韓国語英語

目頭切開

目頭切開(内眼角形成術)は、二重まぶた手術と共に行う場合と単独で行う場合があります。
目が離れて見える状態や蒙古ひだ(内眼角贅皮)が目立つ場合に手術適応となります。また、平行型の二重まぶた形成のためにも用いられる手術です。
最近では、特に目を大きく見せたいとの要望が多いため、手術件数も増えています。

その問題になる蒙古ひだについて少し説明します。
蒙古ひだは、蒙古人種(モンゴリアン)の特徴でもあります。これは、目頭の所に上瞼の皮膚が被さっているものです。白色人種と違い、このひだの存在により、目頭の赤いところ(涙湖または涙丘)が、完全に露出している事が少なく、この蒙古ひだによって目が小さく見えたり、目が離れていて間延びした印象を与えます。

このように整容的に不満が生じた時には、蒙古ひだを切り取る、内眼角切開(目頭切開)が適応となります。目頭切開手術の結果、目の横径が広がり、特に鼻側が広くなるため、より立体的な顔貌となり、目元がしまった知的な印象を与えます。

目頭切開 症例写真1

目頭切開 症例写真2

施術の内容
目頭切開は、蒙古ひだを切り取る、内眼角切開法(目頭切開)という手術です。目の横径が広がり、特に鼻側が広くなるため、より立体的な顔貌となり、目元がしまった知的な印象を与えます。200,000〜250,000円(税別)
考えられるリスク、
副作用
むくみ、腫れ、内出血などが発生しますが、時間とともに治ります。

目頭切開を受ける時の注意点は、蒙古ひだの辺りは、傷跡が赤く残りやすい所なので、その点を考慮することが大切です。二重まぶたの手術と合わせて行えば、より効果的に美しい目元を作ることができます。

CONSULTATION 目頭切開のアプローチ方法

【注】以下の図は、分かりやすく大きくイラストにしていますが、実際はこのように大きな傷などが残る治療ではありません。傷は残りませんので、是非症例写真をご覧下さい。

手術法は、以下の通り多くの手法が考案されていますが、現状、日本で行われている代表的な手術法としては、Z形成法(Z-Plasty法)、内田法があります。
私達は、患者様の希望を考慮し、最適な方法を提案します。

内田法

内田法

Z形成法(Z-Plasty法)

Z形成法(Z-Plasty法)

Arlt法

Arlt法

Mustarde法

Mustarde法

平賀法

平賀法

Stallard法(A: flapの先端を除去する)

Stallard法

Mack法

Mack法

CONSULTATION 目頭切開に関するよくある質問

城本クリニックに多く寄せられるご質問を掲載しています。

手術時間はどれくらいですか?
45~60分程度で終わります。まずは事前カウンセリングにお越し下さい。
目頭切開は、片目でもできますか?
適応があれば可能です。
傷は残りますか?
傷跡は最小限に抑え、目立たぬよう工夫して縫合しております。
傷の赤みは半年~1年くらいで徐々に薄くなって落ち着きます。
どのくらいで人前に出れるくらいに落ち着きますか?
目頭切開は元々腫れが少ないですが、抜糸までの間は縫合糸が目立ちますので、抜糸後からメイクをして通常通りの生活をする方が多いです。
埋没法で二重にしていますが、目の横幅が狭くもっと広くしたいです。
すでに埋没法で二重にしている方でも、目を内側に広げる目頭切開が可能です。

二重まぶた・目の症例写真はこちら

SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など

手術をすることで腫れが発生します。

内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。

手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科