中文网站韓国語英語

ヒューマラジェン(ベビーコラーゲン)

ヒューマラジェンコラーゲンは、身体を構成するタンパク質の一種で、全タンパク質の量の3分の1を占めています。
現時点で分かっているものでは、約30種類の異なるポリペプチド鎖の組み合わせにより19種類の型が存在し、I型、II型、III型というように分類されています。

近年、III型コラーゲンの持つ再生能力が注目され始め、特に創傷治癒の初期段階において増殖し、やがてI型コラーゲンに置き換わることで治癒が進むことが分かっています。つまり、キズ修復よる組織再生において重要な働きをするのです。

ヒューマラジェンの症例写真

CONSULTATION 肌の約70%を構成しているコラーゲンは2種類

加齢によるコラーゲンの減少I型コラーゲンは、皮膚、内臓、骨、筋肉など、ありとあらゆる部位で存在するコラーゲンを構成していて、肌のハリを保ったり、骨がもろくなることを防いだり、筋肉や腱をしっかりと丈夫にするため欠かせない成分として活躍します。
一般的にコラーゲンといえば、このI型コラーゲンを指します。

そのI型コラーゲンをサポートする役割を果たすのがIII型コラーゲンで、特に肌のアンチエイジングの効果が最も大きく、瑞々しさと、弾力を保ち、ハリのある健康的な肌に導きます。
III型コラーゲンは赤ちゃんの時にはたっぷり満たされていますが、25歳前後で減少の一途をたどります。

美肌に必要不可欠なこのIII型コラーゲン(愛称:ベビーコラーゲン)は、加齢とともに年々減少し、肌のツヤやハリが失われます。
これは、人間の肌の70%を構成するI型コラーゲンとIII型コラーゲンの割合が、25歳前後を境にして逆転してしまうことをいいます。

CONSULTATION 創傷治癒にはIII型コラーゲンが必須

創傷を治癒する初期段階でIII型コラーゲンが土台として働き、I型コラーゲンにバトンタッチしていくことで治癒が進行していくことから、III型コラーゲンは治療における組織再生に重要なコラーゲンであることが分かっています。

身体に傷ができた時、治りが遅いと感じたら、III型コラーゲンが不足している証拠かもしれません。
III型コラーゲンは肌の水分保持などといった美容効果のみならず、創傷の治癒における土台になるなど、人体の組織再生にとって非常に重要なコラーゲンなのです。

CONSULTATION 治療効果の比較

ヒューマラジェン ヒアルロン酸注入
しわ治療
持上げ力
造形 ×
持続力
組織再生能力 ×
リドカイン
ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科

SHIROMOTO’s POINT

SEO用テキスト全ページユニークで

SEO用テキスト全ページユニークな原稿にする必要がございます。必要ないページは削除で。城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで。