中文网站韓国語英語

レーザー治療

CONSULTATION 美容皮膚科専門医によるレーザー治療

美容皮膚科専門医によるレーザー治療メラニン色素を持つ細胞だけに反応し、老人性色素斑や日光花弁状色素斑、そばかす、あざ、いぼ、ほくろ、入れ墨除去などに高い効果があります。しかし、しみやあざ、ほくろには様々な種類があるので、自分で判断するのは難しいです。ドクターの診断を受ければ、どんな種類のしみなのかがすぐにわかります。

レーザー治療には様々な種類がありますが、城本クリニックでは、ひとりひとりの症状に最も適した効果的なレーザの種類と、照射する強さや回数を判断します。

「生まれつきだから」と諦めていた方、メイクでカバーしている方にも、この方法ならスピード解決できます。

CONSULTATION レーザー治療器について

医療用レーザーは、ルビーレーザーや炭酸ガスレーザーなどが1960年代から実用化されました。日本では、アルゴンレーザーを含めた3種類のレーザーが、1970年初期からほくろやあざの治療用、レーザーメスとして美容外科の分野で使われるようになりました。

このルビーレーザーは、しみやあざの原因となるメラニン色素を消す効果がありますが、かつては皮膚の表面近くに沈着している色素だけで、深い部分に沈着した色素にはほとんど効果がありませんでした。このレーザーのパルス幅を短くするなどの改良を重ね、現在では、色素を皮膚の奥深くまで消すことが可能になりました。

炭酸ガスレーザーは、当初は出血を最小限に抑えるレーザーメスとして活用されていましたが、顔や身体のイボの治療に用いた結果が良かったこともあり、現在はホクロやイボの治療用として広く普及しています。

単純性血管腫(赤アザ)の治療用に開発されたアルゴンレーザーは、現在は、より効果が大きく、副作用のほとんどない新機種の色素レーザーに変わりました。今や赤アザ治療の定番となったこの色素レーザーも、より確実な効果を求めてその進化を続けています。

CONSULTATION 医療レーザーによるスキンケアと効果

下記は医療用に皮膚治療に使用されているレーザーの種類を紹介しております。
城本クリニックでお取り扱いのない機械もございますので予めご了承くださいませ。

炭酸ガスレーザー

盛り上がった黒子や脂漏性角化腫、いぼの切除、傷跡や、にきび跡の治療にも使用します。

ダイレーザー

主に血管腫の治療に使用します。ケロイド、いぼなどにも用いることがあります。

Qスイッチルビー

太田母斑、偏平母斑、色素性母斑、しみ、そばかすの治療に使用します。

レーザー

刺青などの治療に使用します。

ルビーレーザー

主に色素性母斑、偏平母斑などの治療に使用します。その他では、そばかすの治療にも使用する場合があります。

ヤグレーザー

刺青、太田母斑、偏平母斑の治療に使用します。刺青は黒単色のものであれば比較的早く取れますが、複数の色が入った場合は、治療の回数を重ねる必要があります。

ロングパルスアレキサンドライトレーザー

主に脱毛に使用します。

スーパーライザー

血行を良くし、生体組織の活性化をはかる働きがあります。慢性皮膚疾患や脱毛症、白斑症などの他、腱鞘炎やガングリオンの治療に使用することがあります。

CONSULTATION レーザー治療のメリット

  • 健康な肌を傷めることなく、トラブルのある部分にだけ作用します。
  • 短期間で痛みもなく、効果を実感できます。
施術内容から探す 悩み・症状から探す
ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科

SHIROMOTO’s POINT

SEO用テキスト全ページユニークで

SEO用テキスト全ページユニークな原稿にする必要がございます。必要ないページは削除で。城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで。