レーザー治療

シミ取りレーザー治療が半額

しみ

施術の内容
部分的な目立つシミや老人性色素班などに適した治療です。ピンポイントで照射してシミの改善に導きます。濃さや・症状によって異なりますが一度の治療で綺麗になる場合が殆どです。目安の料金 5㎜×5㎜ 11,000円~
考えられるリスク、
副作用
患部は火傷状態の為、刺激や紫外線に非常に弱くなります。その為、新しい皮膚が再生される1,2週間ほど保護テープを貼る必要があります。

しみ

施術の内容
部分的な目立つシミや老人性色素班などに適した治療です。ピンポイントで照射してシミの改善に導きます。濃さや・症状によって異なりますが一度の治療で綺麗になる場合が殆どです。目安の料金 5㎜×5㎜ 11,000円~
考えられるリスク、
副作用
患部は火傷状態の為、刺激や紫外線に非常に弱くなります。その為、新しい皮膚が再生される1,2週間ほど保護テープを貼る必要があります。

しみ

施術の内容
部分的な目立つシミや老人性色素班などに適した治療です。ピンポイントで照射してシミの改善に導きます。濃さや・症状によって異なりますが一度の治療で綺麗になる場合が殆どです。目安の料金 5㎜×5㎜ 11,000円~
考えられるリスク、
副作用
患部は火傷状態の為、刺激や紫外線に非常に弱くなります。その為、新しい皮膚が再生される1,2週間ほど保護テープを貼る必要があります。

しみ

施術の内容
部分的な目立つシミや老人性色素班などに適した治療です。ピンポイントで照射してシミの改善に導きます。濃さや・症状によって異なりますが一度の治療で綺麗になる場合が殆どです。目安の料金 5㎜×5㎜ 11,000円~
考えられるリスク、
副作用
患部は火傷状態の為、刺激や紫外線に非常に弱くなります。その為、新しい皮膚が再生される1,2週間ほど保護テープを貼る必要があります。

しみ

施術の内容
部分的な目立つシミや老人性色素班などに適した治療です。ピンポイントで照射してシミの改善に導きます。濃さや・症状によって異なりますが一度の治療で綺麗になる場合が殆どです。目安の料金 5㎜×5㎜ 11,000円~
考えられるリスク、
副作用
患部は火傷状態の為、刺激や紫外線に非常に弱くなります。その為、新しい皮膚が再生される1,2週間ほど保護テープを貼る必要があります。

症例写真はこちら

CONSULTATION 医師によるレーザー治療

医師によるレーザー治療メラニン色素を持つ細胞だけに反応し、老人性色素斑や日光花弁状色素斑、そばかす、あざ、いぼ、ほくろ、入れ墨除去などに高い効果があります。しかし、しみやあざ、ほくろには様々な種類があるので、自分で判断するのは難しいです。ドクターの診断を受ければ、どんな種類のしみなのかがすぐにわかります。

レーザー治療には様々な種類がありますが、城本クリニックでは、ひとりひとりの症状に適切な効果的なレーザの種類と、照射する強さや回数を判断します。

「生まれつきだから」と諦めていた方、メイクでカバーしている方にも、この方法ならスピード解決できます。

美容皮膚科のレーザー治療だからこそ高い効果を発揮

シミやそばかすといったお悩みに対しては、美容皮膚科でのレーザー治療以外にも、エステサロンにおける光美容機器でのケアや、ホームケアでの美顔器なども販売されています。
エステサロンやホームケア機器についても、原理としては光の熱刺激によりメラニン色素の破壊や肌の代謝促進を促すというものとなっているため似ていると言えますが、医療機関で取り扱うレーザーとは大きな違いが2点あります。

一つは出力(光の強さ)の違いで、レーザーや光によって肌細胞に熱刺激によるダメージを与える行為は医療行為となるため、そもそもメラニン色素を持つ細胞の破壊や、熱損傷によって肌代謝を高めるような行為は医療機関でなければ行う事ができません。
そのため、エステサロンやホームケアでは狙った効果を得られるだけの強さで照射をする事ができないのです。

二つ目はレーザーと光という違いで、美容皮膚科で使用するレーザー機器は、一般的にエステサロンなどに導入されている光機器と異なり、特定の波長の光だけを高精度に照射するという特徴があります。
光には「紫外線」や「赤外線」など色々な種類がありそれぞれに人体への作用が異なる事からもわかるように、その種類(波長)によって、行えるケアが変わってきます。
エステサロンなどで取り扱う光美容機器は、様々な光の波長を同時に照射するため狙った箇所だけをケアするという事が困難ですが、美容皮膚科のレーザー治療であればメラニンの色だけに反応する「色素選択性」という特徴を活かし、メラニンが無い箇所の皮膚にほとんどダメージを与える事なく治療を行う事が可能です。

この2つの特徴により、強い出力でシミなどのお悩みを集中ケアしながらも、肌にダメージを残さないため、すぐに化粧など生活面での不自由なくお過ごしいただく事が可能となります。

美容皮膚科による適切な診断の重要性

エステサロンやホームケアで発生するトラブルの一つが、肌トラブルの詳細な見極め(診断)を行わないままにケアを行い、トラブルが悪化してしまうというものです。
例えば、肌に肝斑の症状が出て切るにもかかわらず一般的なシミのケアを行ってしまうと、肌への刺激によって余計に肝斑の症状が悪化してしまったり、ニキビなども状態に併せて適切なケアを行わないと、肌がダメージを受けるだけで余計にひどくなってしまうという場合があります。
こうしたトラブルを防ぎ最適な治療を行うためには、専門知識をもった美容皮膚科でのケアが重要です。
現在の自分の肌がどんなトラブルをもった状態なのか、正確に把握して普段のケアを見直すだけでも美しい肌へ向かう事ができますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

CONSULTATION レーザー治療器について

医療用レーザーは、ルビーレーザーや炭酸ガスレーザーなどが1960年代から実用化されました。日本では、アルゴンレーザーを含めた3種類のレーザーが、1970年初期からほくろやあざの治療用、レーザーメスとして美容外科の分野で使われるようになりました。

このルビーレーザーは、しみやあざの原因となるメラニン色素を消す効果がありますが、かつては皮膚の表面近くに沈着している色素だけで、深い部分に沈着した色素にはほとんど効果がありませんでした。このレーザーのパルス幅を短くするなどの改良を重ね、現在では、色素を皮膚の奥深くまで消すことが可能になりました。

炭酸ガスレーザーは、当初は出血を小さく抑えるレーザーメスとして活用されていましたが、顔や身体のイボの治療に用いた結果が良かったこともあり、現在はホクロやイボの治療用として広く普及しています。

単純性血管腫(赤アザ)の治療用に開発されたアルゴンレーザーは、現在は、より効果が大きく、副作用のほとんどない新機種の色素レーザーに変わりました。今や赤アザ治療の定番となったこの色素レーザーも、より確実な効果を求めてその進化を続けています。

CONSULTATION医療レーザーによるスキンケアと効果

医療レーザーによるスキンケア治療は、従来の方法と比べて身体的負担が少なく、術後の回復が早いという特徴があります。
例えばあざやほくろを除去するような治療も、従来の外科治療による切除と比べるとレーザー治療は短時間ですみ、術後に傷跡が残ったり、化膿してしまったりといった心配も無し。
肌トラブルではイボの治療としてドライアイス療法などが行われる事もありますが、これと比較しても術中の痛みが少なくすむなど、医療レーザーによる治療の進歩によって、様々な悩みが低リスク、短時間でケアできるようになってきました。

ただし、レーザー治療というのはあくまでも医療レーザーを使用した治療全般を指す言葉で、使用するレーザーによって行える治療の内容は異なります。
レーザーによって適切に肌トラブルを解消するためには、悩みの種類に対して最適なケアを行えるレーザーでの治療を行う事が必要です。

下記は医療用に皮膚治療に使用されているレーザーの種類を紹介しております。
お悩みにあった治療法のご検討にお役立てください。

※城本クリニックでお取り扱いのない機械もございますので予めご了承くださいませ。

スペクトラレーザー

スペクトラQスイッチヤグレーザー 非常に短い時間での照射を行う事で、肌の深部に熱刺激が加わらないよう行う「トーニング治療」と、深層への効果的な照射を使い分ける事ができる最新の医療用レーザーです。
スペクトラレーザー以前にもQスイッチヤグレーザーは存在していますが、スペクトラレーザーの特徴は照射パワーの安定性で、より均一に照射が行えるため効果的な肌治療が可能となっております。

Qスイッチルビー

Qスイッチルビーレーザー 太田母斑、偏平母斑、色素性母斑、しみ、そばかすの治療に使用します。

ロングパルスアレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザー 主に脱毛に使用します。

炭酸ガスレーザー

盛り上がった黒子や脂漏性角化腫、いぼの切除、傷跡や、にきび跡の治療にも使用します。

ルビーレーザー

主に色素性母斑、偏平母斑などの治療に使用します。その他では、そばかすの治療にも使用する場合があります。

ヤグレーザー

刺青、太田母斑、偏平母斑の治療に使用します。刺青は黒単色のものであれば比較的早く取れますが、複数の色が入った場合は、治療の回数を重ねる必要があります。

スーパーライザー

血行を良くし、生体組織の活性化をはかる働きがあります。慢性皮膚疾患や脱毛症、白斑症などの他、腱鞘炎やガングリオンの治療に使用することがあります。

ダイレーザー

主に血管腫の治療に使用します。ケロイド、いぼなどにも用いることがあります。

お悩みに合わせたレーザー治療

肝斑治療

肝斑は肌に刺激を受けるとメラニン生成が活発になってしまう事から、レーザーによる治療が従来禁忌となっていました。
しかし、現在では肌の深部にまで刺激を与えずに浅い層のメラニンだけを除去するレーザートーニングが開発され、レーザーによって肝斑を薄くする治療が可能となっています。

シミ(老人性色素斑)・そばかす

老人性色素斑やそばかすといったいわゆるシミは、レーザーの照射で早ければ1度の治療で解消する事が可能です。
しみやそばかすが広範囲にわたって存在する場合はレーザーではなく光治療で徐々にケアしていく場合もあります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

母斑などが生まれてすぐではなく、一定の年齢以降に表れるADMも、メラニン色素が多量に作られる事によるトラブルですのでシミと同様レーザー治療でのケアが可能です。

くすみケア・美白・美肌・毛穴

くすみのケアや美肌ケアは、強いレーザーではなくレーザートーニングによって肌の浅い層のメラニンを解消し、肌代謝を高める事でおこないます。
また、毛穴の詰まりはレーザーピールなどを用いる事で効果的に解消が可能です。

にきび・にきび跡

気になるニキビは、炭酸ガスで毛穴詰まりの解消と殺菌を行う事で、早期に安全にケアする事ができます。
また、クレーターなど強い悩みとして残りやすいニキビ跡については、フラクショナルレーザーなどを用いて滑らかな肌を目指す事ができます。

ほくろ除去・いぼ治療

ほくろ除去やいぼの除去は、切開手術または炭酸ガスレーザーで異常個所を削り取る事によって行います。
適切なレーザー治療であれば肌に跡をほとんど残さずに除去する事が可能です。

タトゥー除去

黒や青のタトゥー・刺青であれば、レーザーで色素を破壊する事で除去が可能です。

脱毛

医療用レーザーを用いた治療として特に人気なのが医療レーザー脱毛です。
レーザーによって効果的にムダ毛を作る細胞を破壊する事で、永久脱毛を行う事ができます。

CONSULTATION レーザー治療のメリット

  • 健康な肌を傷めることなく、トラブルのある部分にだけ作用します。
  • 短期間で痛みも少なく、効果を実感できます。

レーザー治療後の経過、アフターケア

レーザー治療は非常に侵襲性の低い治療で、そのほとんどがダウンタイムなども無く、術後すぐに化粧を行ったり通常通り日常生活を送っていただけます。
ただし、負担は少ないといってもレーザー治療は熱刺激によって行われる治療で、少なからず肌はダメージをうけておりますので、アフターケアとしては下記の点にご注意ください。

紫外線対策をしっかりと行う

肌老化の大半は紫外線刺激によるものと言われるほど、紫外線による肌へのダメージは大きいものです。
レーザー治療によって肌が刺激をうけやすい状態となっている所に紫外線を浴びると、肌老化やシミなどのトラブルに繋がりやすくなってしまいますので、特に術後1週間程度は紫外線対策を入念に行ってください。

保湿を十分に行う

レーザー治療を行った後は、熱刺激によって肌が軽度のやけどに近い状態となっています。これにより、肌から水分が失われて乾燥しやすい状態となっておりますので、肌のバリア機能を保持するためにも保湿ケアをしっかりと行いましょう。
保湿には、ヘパリン類似物質(ヒルドイド)が配合された化粧水やクリームなどもおすすめです。

かさぶたは無理にはがさない

レーザー治療のあと一定の期間が経過すると、照射部位に黒浮きやかさぶたが出来てくる場合があります。
これはレーザー治療の正常な反応で、このかさぶたがはがれる事で、新しく作られたキレイな肌に入れ替えられて肌を美しくしていく事ができます。
ただし、このかさぶたは無理にはがそうとしてしまうと肌へのダメージとなり、まだ未熟な肌細胞が紫外線などの刺激にさらされやすくなってしまいますので、自然にはがれるまで待つようにしてください。

異常が気になったらクリニックにお越しください

レーザー治療は基本的に誰でも受ける事が出来る治療ですが、稀に光に対する強いアレルギーをお持ちの方などの場合、照射によってトラブルが発生してしまうケースがあります。
その他にも妊娠中の方や、糖尿病の方など、体質や体調の状態によってはレーザーの刺激が悪影響となってしまう可能性はありますので、術後に強い痒みや痛みなど何か異常やトラブルを感じた時には、治療を行ったクリニックまでご相談ください。

施術内容から探す 悩み・症状から探す

SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など

機械による治療(ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、サーマクール、ePlus、フォトフェイシャル、フォトRF(オーロラ)、Eライト、E-max、ウルセラ、ウルトラフォーマ3、ダブロS+、レーザートーニング、レーザーピール、ポラリス、ダーマローラー、ダーマヒール等)を行う場合、一時的な赤み、照射箇所のほてりがありますが、治療後すぐにお冷やしをしますので、お帰りの際にはほとんどの方が落ち着かれています。

治療後は一時的に、お肌が敏感になり、乾燥しやすい状態になったり、日焼けをしやすい状態になるので、十分な保湿と日焼け対策をして頂くようにお願いします。

ご予約・お問い合わせお気軽にご連絡下さい 0120-107-929 無料 24H OK メール相談 無料 カウンセリング予約
全国の城本クリニック 30年以上の歴史と実績

全国の城本クリニック

クリニック案内へ

診療時間 10:00~19:00 完全予約制

30年以上の歴史と実績、そして信頼を誇る美容外科